特定秘密保護法案は廃案すべし

i.jpg

鳥越俊太郎さんが、きょう(11月18日)のフェイスブックに以下のような呼びかけをしています。そのうえ、この要請文が多くの人々の目に触れるように拡散を希望しています。

トリちゃん(かつて元の勤め先では後輩の彼をそう呼んでいました)の危惧していることに私も同感です。その考えは、この欄の10月25日付けにも書いています。以下にフェイスブックににある彼の文をそのまま転載しました。
        ***********************

     鳥越 俊太郎


   次の様な文章を皆さん、拡散して下さい!!!!(鳥越俊太郎)
         ーーーーーーーーーーーーー
  皆様ご存知のように現在国会では「特定秘密保護法案」が審議中です。
  政府は今週中にも衆議院の法案通過を計りたい意向で、世論の反対が
  強いこの法案の審議は山場にさしかかっています。
  
  そこで私たちメディアに関わる者が互いに連絡を取り合い、以下の要
  領で「メディア関係者総決起集会」を開く事になりました。メディア
  関係者は勿直接関係ない方でもこの集会の趣旨に賛同される方は是非
  参加をして頂き、集会で決議した「要請文」(下記参考)を森雅子・
  内閣府担当大臣宛に届ける行動にご参加をお願いします。
     
   「特定秘密保護法案」の廃案を求めるメディア関係者総決起集会
   日時:11月20日(水曜日)午後3時~
   場所:砂防会館(永田町)別館3階「穂高」

   (文責):呼び掛け人の1人、鳥越俊太郎

             要請文(案)

    私達は現在国会で審議中の「特定秘密保護法案」
    の廃案を強く求めます

  新聞、テレビ、ラジオ、雑誌、インターネット等日本のメディアに関
  わる仕事に携わっている私たちは、11月20日午後、東京都内で一
  同に会し、今国会に上程されている「特定秘密保護法案」の法制化に
  対する強い危惧の念を共有・確認しました。
 
  私たちメディアに関わる者は、基本的に国民の知る権利に奉仕し、行
  政機関や強大な組織が持つ権力の使われ方を、国民の立場に立って監
  視する事がジャーナリズムの一端を担う者に課せられた役割だと認識
  しています。
  
  この法案が成立すると、取材・報道の自由が著しく制限され、ひいて
  は国民の知る権利が大きく侵害され事になりかねません。行政機関の
  情報公開は世界の大きな潮流です。秘密の多い国家は息苦しく、非民
  主的な国家である事、そしてそれが戦争と言う悲惨な道につながりか
  ねない事を過去の歴史から私たちは学んできました。

  以上の様な理由により、私たちはメディア関係者総決起集会の名に於
  いてこの法案に反対し、貴下に於いて然るべき対応をされん事を強く
  望みます。

  11月20日
  *******************************
 
  なお、鳥越俊太郎さんは、上記の記事掲載のあと、さらに以下のように
  文面に手を入れて再掲載しましたので、以下に追記します。

  *******************************

  先にFB上に掲載している「特定秘密保護法案」の廃案を求める集会を
  呼びかける文章を手直ししました。桂 敬一先生に手直しをして頂き
  ましたのでそれをもう一度掲載します。主旨は変りませんが、もう少し
  ちゃんとした文章になっています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   「特定秘密保護法案」の廃案を求めるメディア関係者総決起集会へ
    参加のお願い

   各 位
  呼びかけ人代表 鳥越俊太郎

 皆様ご存知のように、国会は現在、「特定秘密保護法案」を審議中です。
  政府は、強まる世論の反対に背を向け、今週中にも衆議院の法案通過を
  図る意向を固めており、法案審議は大きな山場にさしかかっています。
 
  このような事態に直面し、私たちメディアの仕事に従事する者は、急遽互
  いに連絡を取り合い、以下の要領で「メディア関係者総決起集会」を開催
  することにしました。

 ついては、メディア関係者はもとより、メディアの問題にご関心があり、
  この集会の趣旨に賛同いただける一般の方がたにも、ご参加をお願い申し
  あげたいと存じます。

  集会では下記の「要請文(案)」をお諮りし、皆様のご賛同を得て決議文
  とし、集会後ただちに、森雅子・内閣府担当大臣宛に提出する行動を取る
  予定ですが、これにも多数の方のご参加を、あわせてお願いいたします。

  ◇会 合 名:「特定秘密保護法案」の廃案を求めるメディア関係者総決起集会
  ◇開催日時:11月20日(水曜日)午後3時~
  ◇集会場所:永田町・砂防会館 別館3階「穂高」
  ◇要請文(案)
   宛先記名:内閣府担当大臣 森雅子 殿

   私たちは現在国会で審議中の「特定秘密保護法案」の廃案を強く求めます

  新聞、テレビ、ラジオ、雑誌、インターネット等、日本のメディアに関わる仕事
  に携わる私たちは、11月20日午後、東京都内で一堂に会し、今国会に上程され
  ている「特定秘密保護法案」の法制化に対する強い危惧の念の共有を、確認し合い
  ました。

  私たちメディアに関わる者は基本的に、国民の知る権利に奉仕し、行政機関や強大
  な組織が持つ権力の使われ方を、国民の立場に立って監視することこそ、ジャーナ
  リズムの一端を担う者に課せられた使命だと認識しています。

  この法案が成立すると、取材・報道の自由が著しく制限され、ひいては国民の知る
  権利が大きく侵害されることになりかねません。行政機関の情報公開の拡大は世界
  の大きな潮流です。秘密の多い国家は市民の息を詰まらせ、非民主的な国家に転落、
  そしてそれが戦争という悲惨な道につながりかねないことを、私たちは過去の歴史
  から学んできました。

   以上の見解に基づき、私たちは、メディア関係者総決起集会の名において、この法
  案の廃案を強く求めるとともに、貴大臣が所要の措置を取られんことを、要請いたし
  ます。

  11月20日 集会名と呼びかけ人全員の氏名記載
                        (以上文責:鳥越俊太郎)


(写真はGoogle引用)

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる