“掉尾を汚す”アベの愚挙

ことし最も愚かなニュースをアベ首相が、自作自演しました。
靖国参拝です。

images_20131227152252532.jpg


この坊っちゃん政治家のバカさ加減には、このブログでも何度か書きましたが、とうとうこの国の戦後積み重ねてきた民主主義政治の針を逆に戻す,ツラ汚しする愚行を敢行しました。

最大の同盟国、アメリカに『失望した』と言えわれ、ロシアやEUなど遠い国からも国際社会の信頼を失う愚挙だと言われ、もとより中韓から激烈な非難、比較的友好的な台湾からも非難されています。

中国紙のなかには「アベ首相を向こう五カ年入国禁止にすべき」などの強硬論も主張しています。こんご、どのような国際社会からのリアクションがあることか、慄然とします。

アベの目指す先は国際連盟脱退のころからの日本孤立の道を歩もうとしている感じです。右翼民族主義者を自称する連中に限って、この孤高の姿に自己陶酔しています。こりゃヤクザ映画賛美と同じです。あしき唯我独尊の結果が招いた国家的過ちを反省する気がぜんぜんないのですから。ヤクザより往生際が悪い。

アベは第一次内閣で参拝できなかったのは「痛恨の極み」と見当違いな怨念をもっています。この軍国主義者は、自身の政治的信念を満足させるために東アジアのみならず世界のリベラルな論調を敵に回しました。

誤った国策について、針の先ほどの反省もない。祖父,岸信介の薫陶がよほど行き届いていたのか、この孫はいまもって「大東亜戦争は侵略にあらず」と洗脳されたままでいます。世の淫詞邪教の信者も逃げ出すような思い入れです。自己の時代錯誤の信念を実現するために国民を道連れにするのは許せませんね。

こういうバカを与党内部からは村上某が秘密保護法案で反発を見せたほかに、だれ1人異議を唱えません。在野の人になった与党OBの連中にはそこそこ異論を言う向きもあるのですが、肩で風切るカッコよさに陶酔しているアベは無視しています。

こういうある種の宗教の原理主義者のように世人の話に寛容でないアベ。戦前回帰に凝り固まったアベを糾弾しても、いささか詮ない無力感に沈みますね。しかしながらアベの靖国参拝はまったく許せませんね。許せない事情は、以下の理由からです。

その一つは憲法が規定する「政教分離」の原理に違反しています。かつての日本軍国主義は神道を国家神道に格上げし、戦争協力へ精神的支柱となりました。一介の兵士を「神」に祀りあげることで、兵士と遺家族の心中をコントロールしました。この苦い教訓から戦後の憲法は政治と宗教は一体化しないことを盛り込んでいます。

その二は、靖国は誤った国策のために意に反して戦没させられた将兵たちとその戦争を指導した軍国主義者、戦犯を合祀しています。戦争指導者は東京裁判で有罪、死刑されましたが、その判断を是をして日本政府はサンフランシスコ講和条約で連合国側の主張を受諾して、戦後の独立を回復します。

一口に犠牲者2000万人と国土焦土作戦の損害を受けた中国や35年にわたる植民地化にあえいだ韓国、奇襲で始まった日米戦争によって受けた米側の犠牲と損害など多くの惨禍をもたらしたのは戦争指導者の責任です。彼らを祀る神社を首相が参拝するというのは、過去の反省を踏みにじるどころか、戦争指導者を賛美、美化することにつながります。サンフランシスコ講和条約以前の日本に回帰することを意味しており、とうてい戦後の国際社会が容認する話ではない。

アベは根強い民族差別意識の持ち主で、その裏返しとして、極端な大和民族の優位意識があり、“美しい国”たるべきを自賛しています。彼がしばしば口にする「ご英霊」とか「尊崇の念」とかの言葉に舌を噛みそうにしていることからしても、アベの真意をを測ることができます。

アベは国家の威信とは、軍事力にあり、諸外国ににらみをきかして、時に凄み、常に軍事的優位にたって世界の盟主たらんと野望を持っていることにあります。アベにすれば崇敬する祖父、岸信介が囚われの戦犯にされ「大東亜共栄圏」の夢を果たせかったことを、祖父に代わりやり遂げたいを考えていると思われます。

まったくもって、つまらん男を首相にし国民にも大きな責任がありますが、このままだと来年も一層の住みにくくなる唇寒しの右傾化社会に引きずりこまれそうです。

今年いちばんも醜悪な人物であったアベ。来年こそアベの祖父ら戦争指導者たちが尊崇した“神国ニッポン”の“天佑の神風”が吹き荒れて、アベを遥かなる遠地に吹き飛ばしてもらいたいものです。((笑))

終わりに日本国憲法第九条を掲げます。読み返すと、いまの日本はこの憲法が制定されたときの理念や信条がズタズタに引き裂かれています。なんでこんなことになったのか、ひとしお無念の感懐にふけります。

憲法第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

 二 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権はこれを認めない。

皆さま、よいお年をお迎えくださいませ。
来年も引き続きご笑覧くださいますようにお願い申し上げます。

追記 さて、正月号でもある今週の「週刊文春」を見ると、人気連載「今週のバカ」(適菜収)では今年一年を飾る??特集「本年度バカ大賞」を載せています。ジャ―ン、ジャ―ン、輝くバカ大賞に指名されたのは、あのハシモトでしたから、笑えました。

「慰安婦必要論」を唱えて、ついに世界に羽ばたいたバカ、ウケ狙いの発言は撤回につぐ撤回、あげくに「マスコミに大誤報された」「国民の読解力が不足」などと責任転嫁するバカさ加減が突出している。

適菜さんは、ハシモト自身が「政治家と弁護士はウソつきの始まり」と自著で書いていることを引き合いに、ハシモトを政界の一発屋芸人と切り捨て、来年は消えているだろうから、とくに本年度の大賞とすると授賞理由を述べています。(笑)。

ワーストテンに、知事のマツイ、そのまんま東(今月脱会したが)も入っていますから、やはり維新系は人材がそろっていますね。((笑)

(写真はGoogle引用)

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる