おめでとうございます

お正月の朝、お雑煮を食べていたら、左奥下歯の入れ歯がはずれた。
ああ、年明けになんというハプニング。

新年にふさわしい金言でも交えて、このブログの書き初めをしようか。
そんな思いはたちまちかき消されましたね。

歯といえば「8020運動」(ハチマルニマル運動)というキャンペーンが、かなり前からありますね。80才になっても20本以上の健康な自分の歯は持っていましょう。そういう趣旨の国や歯科医師会あたりの啓発運動のようです。

imagesCA7KTBFB.jpg


どうせ、こんな標語を決めた役人も歯医者さんも、個人的には達成できていないだろな、と意地悪く考えます。なぜなら法令に定めがないようなスローガンなんか、いざとなれば、ありゃ努力目標、注意喚起を掲げたのにすぎないと逃げるのが、音頭取りする人たちの姿勢なんですから。

あの「特定秘密法案」のなかで「知る権利や取材の自由などは配慮されなければならない」とそっけない。条文に「配慮されなければならない」なんてバカにしていますね。誰が、どんな場合、どうやって、配慮するのか、取材の自由という基本的な権利が「配慮してもらう」対象か。いずれ、現実問題としてコトが起きると、官僚たちや官僚たちにリードされる政治家たちは、努力目標にすぎないとケンもホロロに取り合わないだろうな!!

歯というのは、本来、大人になれば32本の歯が生えることになっていますが、なかには「親知らず」が生え揃わなかったり、ぜんぜん生えなかったりの人も少なくないようで、「親知らず」抜きで28本あれば、合格ラインらしい。

こちらも「親知らず」抜きの28本組です。なのに、すでに前上歯の4本はブリッジ、右奥下3本がインプラント、そして元朝早々に外れた入れ歯が2本と合計9本も「健康な歯」でありません。「8020運動」からは脱落しています。

歯医者さんに行きますと、待合の壁なんかに歯治療の3パターンを紹介するポスターが貼られています。入れ歯、ブリッジ、インプラントがそれですから、私の口腔内は、その見本みたいなものになっています。

余談ですが、若い技工士のお姉さんに「ゼッタイ」も目立ちますので、きれいにしましょうといわれ、うん??ゼッタイとは。お姉さんによれば、舌につく黄色みのある苔、つまり、舌苔のことで、歯ブラシでこすると簡単にとれますと言って、取ってくれました。喉に近いところは、歯ブラシを使うと、ゲェッとなりますので、あとで自分だやってみてくださいと見放されました。家でやってみると、自分がやっても、ゲェッとなりましたね。

スーパー銭湯などでは、洗い場の横のおっちゃんをふと見ると、総入れ歯を外して、丁寧に洗っているのに出くわします。あれは何度みても,ギョッとなりますね。そして、あーあ、なりたくないもんだと思っている自分がいますが、そうならない自信を持てなくなりましたね。

もっとも、こうした身近な自分の身体のことでさえ、うまくいかないないことだらけですから、世の中のことはわからないことばかり。思うようにならないことだらけです。頓挫する中東和平問題や安く遣いつぶされる気の毒な貧困労働者の問題といったことがらや、アベやハシモトのような、つまらん人物をいろいろとブログに書き連ねましたが、こうしたカエルの面にションベンみたいな連中のことを批判する虚しさを感じます。

しかし、まあまあと思いなおしてもいます。昔読んだ本のなかで、自分に直接の利害関係もないことについて、マジメに意味を考え、コトの価値判断をきっちりすることこそ、よき社会人たる資格だというものです。これは表面的には、失礼ながら、お節介なおばちゃんや、口うるさいおっちゃんたちと似ています。

しかしながら、おばちゃん、おっちゃんたちは、おおむね、直感的な損得勘定でモノを言っています。損得づくが必ずしも悪いわけではありませんが、そういう人ばかりだと、世の中はカネやチカラのある方向になびくばかりです。カネやチカラがあることと世の中の正邪とは、これまたほとんど相関関係がないことを歴史が示しています。

入れ歯は外れましたが、このブログはカネとチカラに無縁な閑人が批判の的を外さぬように、ことしもあれこれ書くことにします。よろしく御引き立てくださいますようにお願いいたします。

                          (イラストはGoogle引用)

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる