アベのお友達

リーダーや親分のもとには、権勢にへつらって群がるバカがどこの世界にもおります。

逆に権勢を誇るリーダーとか親分とかが、自分の脇を固めたいためにお気に入りをピックアップします。アメリカでは大統領が変わると中央省庁の役人たちが一万人以上も変わるそうです。大統領の「政治任用」が制度的に認められています。キャロライン駐日大使なんか、その典型でしょうね。

あちらの政治任用といえば、聞こえがいいのですが、こちらでは地縁血縁はじめ義理人情や利害打算のよる泥臭い引き合いが横行しています。政官財界つきものの旧弊ですが、一般でも会社や学校や宗教団体など組織があるところには、どこにでもみられるコネ構図でもあります。

そこで任用されたり、はせ参じたりした連中の顔ぶれを見ると、リーダーなり親分なりの器量が自ずと浮かび上がってきます。ガキを見れば親の顔が分かるというアレです。

abc2.jpg


とまあ、前ぶれが長くなりましたが、アベ首相を取り巻く連中をみると、いかにアベが幼稚な身びいきするか、しかも民主主義や自由、基本的人権、福祉の尊重などという現代の政治理念に程遠い偏狭な政治家であるか、よーく分かります。世界が警戒心を起こすほどの歴史修正主義者で、ウルトラ右翼のアベです。そのアベ体制内で重宝がられるのは、当然、アベのメガネにかなった、けったいな人物たちです。

20130324_375948.gif


異次元の金融緩和策を打ち出してアベノミクスのお先棒を真っ先に担いでいるのは黒田東彦・日銀総裁。前任者を任期満了まえに辞めさせて任用されています。お金をじゃぶじゃぶあふれ出すようにすれば、景気が良くなるという子どもだましみたいな手法を自信満々に推奨していますが、そんなことで景況がよくなることが分かっているのなら、過去十数年のデフレ経済が続いていなかった。

金融政策決について記者会見で、消費税の引き上げを遅らせればその結果は重大だと脅かしたうえ、アベが消費税率引き上げを決断したことについて高く評価しています。要するに税収を増やし公共事業投資を増やせば経済はよくなるというからくりです。アベノミクス体制で一年たちました。どうですか。いまのところ大手の輸出産業と大株主を潤していますが、大多数の国民の暮らしには無縁どころか、さらにしんどくなっている施策ですね。アベノミクスがアベコべミクスと評されるのは、もっとも肝心な消費者の活性化が抜けているからです。この円安株高の経済施策は早晩行き詰まるでしょう。

komatu.jpg

病身だというのに改憲の旗振り役を行政の一角から進めようと張り切っているのが、小松一郎・内閣法制局長官。内閣での法律解釈の番人とされてきたポスト。日銀総裁同様に前任者を任期前に追い払い、アベの引きにこたえています。なんといっても就任時のインタビューで、集団的自衛権の行使を禁じているとの憲法解釈を積極的に見直す考えを明らかにしています点がアベ好み。れっきとした解釈改憲論者であることが買われたわけですが、まあ、アベの番犬かと国会で非難されてもやむなし。あの淀川長治さんの口調に倣えば、まあ大変、大変ですね、恐ろし、恐ろしの悪政加担者ですね。

p111m.jpg


アベの政治的信条を露骨に体現しているのが、あのNHK人事。アベはメディアを自分の都合がいいように情報操作する前歴を持っています。反省の色もなく、NHKをかつての大本営発表のようなメディアにしたいようです。そこで某コメンテイターに「モミがら」呼ばわりされている籾井 勝人・会長を起用しました。就任会見での発言がまことに時代感覚からずれた陳腐なもので、すっかり「アベのNHK」の笑いモノキャラになりました。

もみ殻いわく。特定秘密保護法に関する質問について報道が少ない・姿勢が政府寄りとの主張には「まあ一応通っちゃったんで、言ってもしょうがないんじゃないかと思うんですけども」。

国際放送というものについて「政府が『右』と言っているのに我々が『左』と言うわけにはいかない」、「日本政府と懸け離れたものであってはならない」。

慰安婦の質問について「今のモラルでは悪いんですよ」としつつ、関連して「なぜオランダに今頃まだ飾り窓があるんですか」と切り返した。

アベは例によって個人的な見解とかばっています。もみ殻会長は国会で追及されるや、すべての発言を撤回した。しかし発言を取り消したけれど持論であることは変えていないと強弁しています。こんな人物がリ―ディング商社、三井物産の副社長まで上れていたことがばれて、天下の三井物産もいい恥をさらしてますね。

p1m.jpg


アベの肝いりで経営委員に就任した人物たちも奇怪な哲学、修正歴史主義的詭弁を弄して衆目を集めています。その一人、長谷川 三千子・埼玉大学名誉教授。日本会議代表委員、「安倍晋三総理大臣を求める民間人有志の会」の代表幹事。明白にアベ応援団を自認している、いまどき珍しい神がかりの自称哲学者です。

先ごろも「女性が家で子を産み育て男性が妻と子を養うのが合理的」とサンケイだかに寄稿してます。であるから男女雇用機会均等法の思想は誤りだとも言っています。とくに耳目を引くのは、いまもって天皇は現人神だと主張している点です。頭のなかの時計が70年まえで止まっているんじゃsないか。

右翼、野村秋介の朝日新聞東京本社襲撃について称賛するなど言論の自由にも強い敵意を抱いて言うようです。こんな皇国史観の国粋主義耽溺者がいるのは驚きです。アベがこんな神がかりを登用するということは、イデオロギーにおいていちばん相思相愛の仲なんだろうと思われます。ああ、気味が悪い話です。

p11m.jpg


続いて作家、百田 尚樹。いちばんの政策課題として憲法改正に取り組み、国防軍を作れとの立場で、アベの総理復帰を喧伝した。おかげで経営委員に就任しましたが、東京都知事選で田母神俊雄の街頭演説に参加した際には、南京大虐殺はなかった一方、アメリカの東京大空襲や原爆投下については大虐殺だったと演説している。

また、街頭演説の中で田母神以外の主要候補を「人間のくずみたいなもの」と評した。個人の思想信条については自由でありますが、公の場で他人を「人間のくず」などと発言するセンスには驚嘆しますね。誤った国策で犬死を強いられた特攻隊青年を称賛、美化する小説を書いて陽の目を浴びていますが、世の中の右傾化に媚を売った右翼エンタメに違いありません。

あと、本来ならろくに実績もない陣笠にすぎない政治家がアベの取り巻きに取り立てられています。衛藤 晟一は、首相補佐官。アベが靖国参拝したおりにアメリカが失望したとコメントしたことに対し、アメリカへ「失望」のお返しを表明してました。アベへの忠誠心を見せたかったパフォーマンスでしょう。国益よりも忠義立て一筋。あわてた官房長官のスガは、アメリその発言について、例によって個人的見解で、政府見解ではないと述べた上で発言の取り消しを指示しています。

萩生田 光一はアベ総裁特別補佐です。沖縄戦における集団自決への軍の関与なんかあったかどうかと史実をはぐらかす立場でアベと接近している。アベは旧日本軍の栄光を信じているらしく、旧軍のくだらぬ作戦失敗や蛮行を隠蔽する論者が好きらしい。したがって萩生田の立ち位置は,あの従軍慰安婦の問題についても誰よりも隠蔽派。

近隣諸国への配慮よりも米国への遠慮から「河野談話」を見なおさないとしぶしぶ発言したアベに代わってTV出演した際、「新しい事実が出てくれば新しい談話を発表すればいい」と述べ、安倍晋三首相が新たな談話を発表する可能性に言及した。またしても官房長官のスガは萩生田の個人的見解であるとし、河野談話を「検証はするが、見直すことはあり得ない」と述べている。

衛藤や萩生田はおそらくアベの体制内強硬派の見本なんだろうな。体制内強硬派というのは、親分の意を体したうえで親分が立場上、言いにくいことを代弁したり、親分を喜ばすために、より強硬な路線を発言したりして、親分から“ウイ奴”と思われたい連中のこと。体制内忠誠心競争の果ては、大日本帝国の敗戦を導いたようにロクなことしか起こらない。民間でもワンマン経営者の暴走を止めるどころか、お追従しまくったあげくに破綻するケースがいくらでもあります。

ここにあげた7人衆のほかにアベを取り巻く右傾歓迎派が山ほどいます。どこから湧いてきたのか、不可思議な風潮です。多分、右傾化の言動をする方が権勢や打算に絡みやすいのでしょう。以前の自民党には多少、リベラルな立ち位置の人物がいましたが、いまはほとんど姿を消してしまった。アベが今以上に国益を損なわないように早く退場してもらいたいものです。


(アベのイラストはhttp://ryukiryu.blog94.fc2.com/
引用
籾井、長谷川、百田のイラストは
http://minkara.carview.co.jp/userid/853612/blog
引用
小松写真はGOOGLE
引用)

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる