女の声で「褒めあげ商法」の電話wwwww

見知らぬ若い?女性の声で電話があった。
いきなり本のことを褒められる。
なんだ、どうした?!
すぐ、なんか企みがありそうだと身構えます。

一部始終は、こうです。
「コウホウド―の○○です。東京の新聞広告を扱っているコウホウドーです。あなたが平成8年に出版された『夫婦へんろ紀行』という本を読みました。素晴らしい本です。四国お遍路の体験を生き生きと書かれていますね」
「はあ、まあ、ありがとうございます」
「土佐路を苦労して歩かれるところなど感動しましたよ。これから遍路される方には、いい参考になります」
「はあ、まあ、ありがとうございます」

「それで、こんないい本を私どもの方でサンケイ新聞東京本社版で、9月○日ごろに読書の秋ということで、2ページ見開きの作品広告を載せる計画をしていますが、それに作品をお出しになりませんか」

「えーと、どういうこと?広告を出せ、ということですか」
「そうです。たくさんの他の方の作品といっしょにです」
「広告出稿なら、する考えはありませんよ。広告なら出版社がします」

「自費出版されたものではないのですか」
「いえいえ、大阪の東方出版さんから出している一般の本です」
「著作権は出版社さんの方にあるのですか」
「いえ、著作権は私にありますが、出版の権利を出版社に委任しています」
「じゃあ、あの、印税をもらっていらっしゃる?」
「当たり前でしょ。とにかく広告出稿をするつもりはありませんから、出したければ出版社にあたってみてください」
ガチャン。

どこで本を見つけたのか知らないが、いきなり褒めているにしては、自費出版か一般本かの区別もついていない。だいいち作者自身が自分の作品を自分で広告出稿するって、そんなことはあまり聞かない話。(なかには売り込みがきついヘンな奴がいるのかもしれないが)。

電話を切れたあと、Google検索してみると、コウホウド―と名乗る会社は東京・虎ノ門にありました。漢字でなら「広報堂」。その社のHPによると、

私たち株式会社広報堂は1967年に設立。約30年にわたり産経新聞(東京本社版)の芸術企画を組んでいます。



要するに、芸術・文化関係に絞り、もっともらしいテ―マのもとに関連作品を集めてサンケイ新聞に広告を掲載、作者から広告料を取る広告代理店だと分かりました。見ず知らずの者に電話一本でいきなり作品を褒めて、広告出稿を促す商法は、いかにもウサン臭い。インチキ勧誘商法の手口と似ていなくもない。

こういうやり方が詐欺にもならず、「約30年」も続いているとしたら、対価に見合うかどうかは別にして、(喜んでか、泣く泣くか)広告料を払う者がいるからに違いない。

自費出版の世界ではよくある話。小説や詩歌の作品をベタ褒めして、わが社から出版してあげましょう。新聞広告も打ちますよ、と持ちかけて、編集、印刷、販売代行として高額の料金を取る手口。一度は自分の書いたもの、作ったものに陽の目を当てたい、認められたいと思っている人が少なくないから、結構、商売になっているらしい。かつて閑人のところに、そんな会社の一つから速達で手紙がきたことがありました。感動したとの手紙を速達で、、、というのがミソですね。

そんなことを思い出しながらネット検索していたら、広報堂から同じ手口で電話がかかり、あやうく高額の広告料をとられそうになった体験事例がうじゃうじゃありました。こうしたやり方は「褒めあげ商法」と呼ぶそうだ。そうした体験事例のブログの一つを引用してみましょう。

「あのう広報堂の○×と申します。(言い回しの変な初老の声)
「○○○○」を書かれた○山○平先生ですか?」
「はい、そうですが先生ではなく書き手です。」
「私は鳥取砂丘の近くの出身で昭和54年生まれです。(何だずいぶん若いではないか) 国立図書館で本を読ませていただき、島の活性化やアイターンの人たちの生活、少年時代のことなどがよく書かれていて感動しました。」
「読んでいただいて有り難う。」

「こちらは産経新聞の紙面を買い取り作品の広告を載せる企画ですが、あなたの作品が素晴らしいので是非(素晴らしい作品とオチョクリが始まったな)この度新聞に載せたいと思います。」
「はぁ、なるほど。」
 「来年一月七日の新聞に掲載予定で、葉書の半分の大きさになります。」
「ああ、そうですか。」

「出版社との契約も終わり何冊か手元に本が返されているのではありませんか」
「ああ、そうですが」

 「東日本版に掲載しますと三百万人の読者がいますので、こちらで本をお預かりして興味を持たれた人たちに販売させていただきます。経費は24万円かかりますがお手元に置かれているより売られた方が良いと思います。掲載された新聞を10部お宅の方にお送りしますので確認していただいて後に送金していただければ結構です」
「有り難うございます。折角ですが広告を出しても売れるような作品ではないのでそのつもりはありません」

「それは残念ですが、またお出しになったときはよろしくお願いします」
「続編も国会図書館にはありますよ」
「また読ませていただきます。失礼しました」

ネットで調べてみると産経一面の広告代は240万、20名騙されて480万手にして儲けは240万ということらしい。小説だけでなく自費出版した人間をターゲットにアクセスしているようだ。

こんな電話には用心しましょう。



(○○の伏字は引用者注です)

私のところにかかってきた電話とそっくりさんでしょ。女声、男声があるようですから、おそらく片っ端から電話をして、ノッテくるヤツをつかまえて商売にしていると想像されます。

この手の「褒めあげ商法」事例では、小説本のほかに短歌、和歌、絵画なんかにも及んでいるらしい。たとえば、趣味で永年,短歌なんかをたしなんでいる高齢者男女などは、褒められたうえ、新聞に作品が出るのは生涯の喜びだと舞いあがって、商談にノッテしまうようだ。あとで多額の広告料を請求されて嘆いても遅い。ツミ深い商法だなあ。

業界新聞なんかではあるかもしれないが、一般紙が記事に使う本や作品に広告料をとって載せることはない。新聞に載せるという持ち掛け方は正確ではない。正しくは新聞広告に載せるです。高齢者はだまされてはいけない。また「三百万人の読者」がいますなんてのは、ウソ八百。サンケイの東京本社版は71万部(同社媒体資料センター)しかない。

まあ、なんですね、詐欺にはなるまいが、よくまあ、懲りもせず、セコイ感じの口先商売をやってるものだ。その熱意に感動した。褒めてあげたい(笑)。 

それにしても、若い女の声で電話、、、なんてことはホントないなあ。

引用ブログ
http://takusan.grupo.jp/blog/493276

コメントの投稿

非公開コメント

Re: (株)広報堂からの電話について。

ああゆう商売がまだ続いているんですね。ひっかかる人が少ないからビジネスになるのでしょう。お役に立ってよかった。




> 突然メールを差し上げ、失礼します。沖縄県の金城と申します。
>  つい先ほど広報堂の芸術担当という者から電話が来ました。産経新聞に私の写真集の紹介を乗せてくれるというのですが、ジャズの奏者のためにたった2冊しか作っていない写真集を産経新聞の広告欄に乗せてくれるというものでした。かなり急かすのと、値段もついていない写真集にこんな美味い話はあるまいと思い、色々とネットで調べたところ、こちらのブログに行き当たりました。やはり広告料は自分持ちで24万円ということでしたので、全く同じ手口なのですね。そんな金はないので出す気は無く、とりあえず明日連絡が来るのを待って断ろうと思います。記事、大変参考になりました。ありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる