師走寸感 三題

その一、遠方の山里に住む友人からハガキがきました。閑人よりは年下ですが、元の勤め先の同僚です。
年賀状の欠礼ご挨拶とあります。文面の趣旨はこうです。

人生のゴールが遠くないので、身辺の仕舞い支度を考えています。その一端をとして、ことしから年賀状を差し控えさせていただきます。長い間、ありがとうございました、、、、。

いいな、と思いました。年賀状を取り交わす人たちとは、いまや年賀状のやりとりだけの友人、去年いただいたので、ことしはその返信といった年賀状が、多くなりました。それでもいいじゃないかと思う方もいるでしょうが、会社勤めをやめて世間がだんだんと狭くなり、歳月がたちますと、往年の付き合いは茫々の感となっています。

俗にいう義理づきあいの年賀状になってしまっていたら、絶ってもいいのではないか。友人の決断に賛同します。閑人も見習うつもりです。

その二、近ごろ国の史跡指定にされた大きな古い池の周りには堤防があって、いい散歩道になっています。若い母親が幼児を連れて歩いていたり、大勢の中高年層の男女が黙々と歩いています。健康維持のためのウォーキングのようです。中には陽だまりの土手でスケッチをしているお婆さん、サックスやハーモニカを吹いている爺さんもいます。

七十代か、八十代はじめと思われる爺さんが、連凧を揚げています。晩秋の高い青い空からハシゴを垂れたように長い凧がゆらゆら揺れているのは壮観です。爺さんはひざの前に置いたミカン箱から手品のように小さな凧が繰り出します。

P1030692.jpg

揚げるのに夢中な爺さんと話します。
「凧は何枚あるんですか」
「68枚や、ほらここに書いてある」
なるほど、ミカン箱の横にマジックで書いてある。もう少し少ない凧も用意しているそうだ。
「きょうは風がいいから、こっちをもってきた」
「揚げるコツはなんですか」
「風向きと風の力かげんやな。風を読み間違えると、凧が池に落ちてしまう。回収が大変だ」
お爺さんは一度もこちらを見ることなく、連凧の様子をにらんでいます。

揚げるよりも、からまずに順序よく回収する方が難しいそうだ。木に登るよりも下りる方があぶないという話と同じです。連凧はラーメンや大き目の菓子袋を切り張りして作る。長い連凧の場合、先端の数メートルはテグス、あとはワイヤロープで風圧をコントロールしているそうだ。いろいろ細かい仕掛けがあるんだと感心した。

その三、知人の穏やかに老いてい85才のおじさんが、ゴルフで85のエイジシュートを達成したと顔をほころばせて知らせてくれた。エイジシュ―トというのは自分の年齢以下でホールアウトすることで、偶然性があるホールインワンよりも素晴らしい。並々ならぬ実力が備わっていないと、できない芸当です。

85才老は、ふだんからグリーンに出ているほかに、ほぼ毎日のようにスイミングをしていて、達者そのもののように見えます。72ホールがパーですから、わずか13しか余計に叩いていない。驚異的です。プロ上がりのシニアでも、なかなかこうはいかないでしょう。まったく目出度い話でした。

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる