「大阪都妄想」反対。「大阪市廃止、五特別区案」 その1

「大阪都構想」の賛否を問う住民投票の予定日が5月17日とされ、すでにカウントダウンされています。

この話は、二年前に堺市長選で反維新の候補が当選した時点で、終わっている話です。ハシモトが最初言いだした「大阪都構想」は実質的に不可能になったのです。つまり政令都市である大阪市と堺市の2市を軸に周辺9くらいの自治体も巻き込むという都構想は最初から頓挫したのです。これからあとの経過は、実現しても意味がない「大阪都構想」というホラ話を、ああでもない、こうでもないと強弁しまくっています。ハシモトの妄想ですね。

ですから、実態は仮にやれるとしても大阪市内の再編成しかできる余地がないのに「大阪都構想」と言う看板を取り下げず、誇大宣伝をやめていません。これはインチキ商法と同じです。現状では、より正確に言うと、ハシモト案というのは「大阪市廃止、24区制を5特別区にする」案です。それによれば、たとえば、大阪市阿倍野区民が大阪府南区民になるだけのことです。その南区に公選の区長と区議がいる議会を設置、しかし、財源の大部分は一括徴収した大阪府から配分を受けるという行政区です。

大阪市を5分割して人口規模を30万ー35万人くらいの行政区イコール「中核市」にすれば、きめ細かい住民サービスが可能になると「大阪都妄想」は言っていますが、すでに「中核市」である近隣の東大阪市や高槻市や尼崎市が、合理的な行政の下で住民が明るく住みよく暮しているというような話は寡聞にして知らない。

これまでの経緯をさらに言いますと、府市統合の手順を決める法定協議会と府市両議会で、こんなもんはいらんとの反対勢力が強く、賛意がえられなくなりました。とくに野党勢力のうち公明党が反対を表明した時点で、「都妄想」は堺市長選の続いて二度目の死亡宣告を受けたと言えます。

それなのにハシモトは、まず法定協議会メンバーを強引に維新系だけにして単独決定する一方、議会を飛び越えて一気に大阪市民の「住民投票」で決着する方向に舵を切りました。議会無視の独裁です。ここでも反対多数でしたが、一転、状況が変わりました。

公明党というのは国政レベルでもそうなんですが、不可解な動きをする政党です。反対していたはずの公明党が、大阪市民による「住民投票」だけは付き合いますと寝返ったために、「都妄想」は息を吹き返しました。なぜ寝返ったか。政権与党とか維新とかと取引をしたとかの党利党略があったとか、あるいは学会本部から指導があったのか、いろいろな憶測があります。いずれ明るみになるでしょう。

つまり、首長と議会という民意を表す民主政治の二元代表制のうち、府議会と市会レベルでは完全にハシモト案は日の目を見る機会がなくなっていたのに、大阪市民にだけに賛否を問うというかたちになったのです。

ここで問題なのは、大阪府民(約700万有権者)の三分の一弱に当たる大阪市民(約214万有権者)だけが仮りに賛成したら、府民全体を抱え込む呼称である「大阪都」になるというのは、なんとも不合理な話です。

余談ながら、これで「大阪都寝屋川市」とか「大阪都高石市」とかの行政区画ができるのなら、住民投票は大阪市民だけでなく、大阪府民にも賛否を問わないと不公平でないか。必ず、そうした議論がでると思います。*1

もっとも、実際には仮りに大阪市民の賛成多数であっても「大阪都」を名乗れません。政令都市が「都」を名乗る根拠となる法律がいまのところないからです。*2 この都制にする法律を自公政権に作ってもらう代わりに維新は憲法改悪に賛成する取引があるのではないかと忖度されています。

それにしても、いまの段階ではハシモトは華やかな印象を与えがちな「都」というイメージ先行の詐欺的手法を使っています。いずれ騙すつもりはなかった、その方向を目指していたのは間違いないと強弁することでしょう。

まことに率直な疑問ながら、なんで大阪市を「都」にしたいのか、どんなメリットがあるのか。住民はいかなる効果を期待できるのか。そこのところの具体的かつ平易な説明がハシモトの口から聴いたことがありません。

いちばんの謳い文句は「二重行政の解消」*3というものですが、大阪維新の会があげている事例は、目くじらたてるほどのものではありません。実際に過去には自治体が企業的な業務内容を持つハコモノ行政をした際には、ムダな二重投資がありましたが、そんなことは今ではとっくに反省されており、府・市で話し合えば簡単に調整可能なことです。

ハシモトは水道事業や複数の大学や複数の病院や複数の図書館があるなどととあげつらっていますが、こうした教育・文化、医療についての行政サービスは、住民サイドにとっては三重でも四重であっても構わないのです。水道や下水道や交通機関などライフラインに直結するものも複数ある方がリスク担保にもなるし、多様な選択肢にもなりこそすれ、ムダにはならない。

二重行政の一つとしてあげられた水道事業なんか結局、一元化できない状況にありますが、なぜ一元化したいのか、あるいは民間まかせにしようとするのか、そこがわかりません。公営のうえ複数ある方が万一のときは安全・安心にきまっています。

儲からないから民間に売り飛ばすというなら、買った民間企業が儲からないから、どこそこ地域の水道を止める、どこそこ路線の電車を走らせないという論理に歯止めが利かなくなる。(実際には地下鉄は黒字経営です)ハシモトは住民のための公益、公共性という意味を、単にカネ儲け話としか考えていないようです。

「都にしたら、多数のメリットがある」のなら、人口200万人以上(周辺を含む)の横浜や神戸など9政令都市には資格がありますが、わざわざ政令都市よりも権限が縮小される特別区に分割しようという機運は全国的にも全然ありません。それどころか、最近では東京の世田谷区や新宿区なんかも特別区制を離れ、世田谷市、新宿市にしたら、、という議論さえあると伝えられているのに。*4

結局、「大阪都」妄想というのは、ご本人が知事時代に増やした府の借金をウヤムヤにしてしまうには、豊かな財政の大阪市を取り込んで、足して二で割って、ごちゃこちゃにすればいい、という感じの思いつきですね。*5 口先三寸で次から次へと話題を作り、マスコミをひきつけ、住民の関心を手元に寄せ付けていないと消えてしまう一発屋芸人の恐怖心が生んだもので、引っ込みがつかなくなっているのかな。

ハシモトが言う「大阪都構想」では、大阪が東京と並んで名実ともに経済成長の牽引になるというような発展神話ばかり。都市名を改名すると、なんで発展するのか、まったく意味不明です。いちばんの問題は、肝心の住民がどんなにハッピーになれるか、という点ですが、この視点はハシモトにはありません。なぜなら、彼が政治家をやっているのは、「名誉欲、権力欲を満たす」ためだと本人が本で著述しているのですから。*6

いくら仕組みや制度をいじっても、ハシモトが行政や教育改革と称して公募した区長、校長、あるいは特に目をかけて重用した教育長や観光や交通局長らがいかにお粗末な連中ばかりです。世のヒンシュクを買っているにも関わらず、罷免すると本人の浅見と任命責任を問われるので擁護しています。

つくづく思うことは、制度や仕組みよりも人材です。政治家というのは、政策云々のまえに、よき性格です。よき資質です。この側面については、哲学者の適菜収さんが、見事に論破していますので、次回に紹介します。

11034261_803830173043202_8274773265050656947_n.jpg

「大阪都構想入らない、、、、、民意の声」作成

(この項続く)

*! 5日付け毎日新聞朝刊では開会中の府議会で松井知事が、その点に関して府民による住民投票がありうると答弁している。大阪市民と大阪府民の二つの住民投票が必至になりそう。

*2 政令都市に特別区を設置できるという「大都市地域における特別区の設置に関する法律」はありますが、都制には触れれていない。

*3 大阪維新の会の「大阪都構想」のホームページによると、主な推進項目として、
1、民営化して新たな財源生み出す(例、地下鉄、水道、下水道などストックの組換え)
2、重複したサービスの見直し、(例、大学、病院など)
3.府市がバラバラにやってきた戦略、政策を一本化(例、成長戦略、観光政策、 スポーツ推進計画など)。

*4 特別区である現職の世田谷区長、保坂展人さんは、ホームページ『「保坂展人のどこどこ日記』のなかで「大阪都構想の欠陥 東京23区の現実」と題して「「特別区制度」は、人口規模も自治体実務をめぐる役割分担でも制度疲労が目立っているというのが今の実感です」、「大阪のように「政令市を廃止して特別区へ」という議論には肯きがたいものがあります」 などと書いています。

*5 自民党大阪府議会議員団のホームページによると、平成24年9月28日、出来成元議員が府議会で財政問題を質した論議のまとめとして、こう書いています。
《まとめ》
 橋下前知事は就任時には大阪府を破産会社だと言い、退任時には優良会社だといい、昨年のダブル選挙では貯金を1,000億円作りましたと言い、あたかも自分一人で大阪府を建て直したかのようにおっしゃってこられました。
 今にして思えばこうした言動も、単年度収支の黒字を達成したのだというために、あるいはWTCビルの購入や私立高校無償化などのパフォーマンスのために、健全化団体転落の危機を知りながら、負担を先送りしてきたということではなかったのか、つまり、ご自身の知事としての功績を上げ、野望を実現するために、将来の大阪府民を踏み台にしたのではなかったのかと思えてなりません。今後、橋下前知事の後継者であられる松井知事が、二度とこのような負担の先送りをしないよう、しっかりと注視していくつもりであると申し述べておきます。

*6 『橋下徹「まっとう勝負」』(小学館)


コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる