「大阪都」妄想の世論動向

大手各紙による「大阪都構想」(正確には大阪市廃止、5特別区に分割する計画)について世論調査がまとまった。

いずれも先週末の二日間に電話調査した結果とあります。回答者数や設問の仕方に若干の差がありますが、ずばり賛否を問うている面だけ見ると、以下のようになります。

               賛成      反対
朝日            33%      43%
読売            34%      50%
毎日            39.5%    47.8%
サンケイ          39.5%    47.8%

毎日とサンケイが同数なのは、共同通信との共同調査というかたちをとっているせいかと思われます。投票日まで、あと一週間の時点ですから、まだまだ流動的ですが、序盤での調査でも反対が上回っていましたから、いちおう僅差ながら一貫して反対の風が吹いているようです。

大阪都構想を、ハシモトの個人的な野心の実現としか理解できない閑人は、もちろん反対者が多いことに納得していますけれど、まだ油断はできません。一つは投票行動に問題があります。択一問題ですから、賛成を選ぶ人は前のめりになりますが、反対をする人にとっては、前向きになりにくい行動です。反対の人が消極的な気分になって投票所まで足を運ぶのを厭うかどうか。運んでほしいものです。

いま一つは、ハシモト一派の悪あがきがどう出るか、です。三百代言ですから、あとで裁判になっても、判決ないし裁定が出るまでは長期にわたって既成事実が有効であることを悪用して、ハシモトはすでに市政運営上で数十の提訴を受けています。

このような横車を押すことが平気な一派ですから、すさまじい金権・物量作戦をとっています。ハシモトの音声を機械音で聞かせる電話作戦で各戸撃破を試みているそうだし、なにより今後は勝てば官軍、手段を選ばずとばかり、きわどい甘言や手口を使うにきまっています。そのような影響がどう出るか。

最後は前回のこの欄でも危惧した裏取引が、どう出るか。


CEnUE8wUMAAaTUE.jpg

先の日曜には、自民、共産、民主の三党が一台の宣伝車の相乗りして、大阪都反対演説をミナミとキタで行ったと報道されています。態度がいまいち曖昧な公明が一緒であれば、なおいいのですが、それでも大きな政策について府連レベルとはいえ、三党が統一戦線を組んだというのは、珍しいことです。

それだけ今回の大阪市廃止、6特別区案に政治的危機感を感じている現れです。前々回のこの欄では、共産党の主張を動画でみる場面を紹介しました。今回は自民党大阪府連がまとめた大阪市廃止、5特別区案についての批判ブログを紹介します。とてもわかりやすいです。態度を決めかねている人はぜひご参考にしてください。

「本気で考えよう、大阪の未来! 大阪都構想の不都合な真実」
http://www.osaka-jimin.jp/not-osakato/


(写真はGoogle引用)


コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる