不支持率と野菜豊穣と

台風が3つも登場したなかでの梅雨。うっとしいといったらありゃしませんが、喜ばしいことが二つあります。

一つは悪名高い安保法案にからみアベ内閣支持率調査で不支持が43%、支持42%と逆転したこと。今月初めの毎日新聞の世論調査の結果です。わずか1%ですから、誤差の範囲といえば範囲内ですが、とはいえ、アベ第二次、第三次内閣で不支持率が上回ったのは、各種調査でも初めて。先人なら誠に欣快に堪えないとでも表現するのだろうな。

法案そのものの違憲性や憲法手続きを無視、閣議決定でという提案経緯の不当性、自民議員やウソ八百田らの支持者の傲慢な暴言が、大きなかたまりとなって、ようやく国民に不審感、嫌悪感とともに危険性が理解され始めたようです。

反対の運動は全国的にも盛り上がりをみせ、地方議会では法案の廃案、慎重審議決議が相次いでいます。今回の盛り上がりの特徴は高校生や大学生にまで広がっていることです。政治の動向に無関心だった世代が立ち上がりはじめたのは喜ばしいことです。

アベ一派は、反対世論が拡大するまえに一気に国会突破をもくろんでいるようで、すでに15日衆院特別委で採決という日程さえ浮上しています。廃案へ野党の一点共闘が望まれます。審議拒否、引き伸ばし、対案攻めなどあらゆる手を駆使して抵抗してもらいたいものです。

こうした不穏な政局とは無関係に(あったりまえですが、、)庭の菜園が順調に育ち、ゴーヤ、キューリ、トマト、ナスをたっぷり頂けるようになりました。また、移植したため尾羽打ち枯らしたように枯れ木になっていたサクラが、ほぼ一か月たって芽生えはじめました。桜は生きていた。無謀な移植だったかなと反省しておりましたので、嬉しいことです。

以下は、桜の蘇生(一枚目)と庭の贈りものの写真です。


150709sakura.jpg

150709kyuuri.jpg





150709goya.jpg


150709tomato.jpg

150709nasu.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる