アベの歴史的な大失政

156515_406777529443597_1756070421_n.jpg


国民の半数以上が、世論調査や街頭のデモなどで反対の意思表示をしている「安保法案」について、アベ一派は参院でも強行採決を図ろうと日程化を進めています。

これが通ると、戦後70年間、一人の外国人も殺さず、一人の日本人も犠牲にならなかった日本の貴重な「命を守る平和の継続」が危機に瀕することになります。

アベは、戦後生まれの新たな、、、アベの好んでいう言葉にならえば、、、、「御英霊」を祀りたがっているのです。戦勝国と敗戦国という力関係のもとでアメリカの軍事戦略に加担するということは、自衛隊を米軍の先兵、米軍の番犬にし、戦死者がでることは想定の範囲内であることを意味します。

アベは犠牲になる日本人を望んでいるとしか思えない。アメリカのために献身する日本人と軍事システムの登場こそ、アベにすれば、日米対等の証と考えているようです。

この法案は国民の平和とを安全を守る、やむにやまれぬ自衛策ではありません。軍事同盟の相手国、アメリカの要請に応え、アメリカのために自国民の犠牲を進んで献上するアメリカ隷従法案であります。アベ一派は他国の国家国民のために「殺し殺される」事態を備えることこそ、世界の安全保障環境にふさわしいと考えているからです。

以下のような二者拓一を考えて見ました。
左側がアベ一派の選択です。

     憲法違反 > 憲法順守

     集団的自衛権 > 個別的自衛権

     法的不安定 > 法的安定性

     多数派横暴 少数派無視 > 議会民主主義順守

     論理破たん > 論理整合性確保

     アメリカの要望受け入れ >日本国民の民意重視

     アメリカの国益優先 > 日本国民の安全尊重

     アメリカの軍事戦略 > 国土建設隊としての自衛隊

     日本国民に犠牲強要 > 安寧平穏な幸福追求権
        

ご覧の通り、アベの選択は、醜悪です。道理が通りません。アベは日本国憲法よりも日米安保条約の拡張拡大を優先しているわけです。日本人をアメリカに売る行為です。 戦前の右翼連中が相手を罵る決まり文句に「売国奴」と決めつける言葉がありましたが、まさにアベのやっていることは、これです。

極右国家主義者のアベは、この法案を踏み台にして、さらに憲法改革することをを「私の歴史的使命」と言ってはばからないのです。

アベは自国民の意思を顧みず、一方で、世界最強の軍事力を持つアメリカには平伏低頭、阿諛追従するという本来のナショナリストにはありえない自己矛盾に気づいていないのか、あるいは、気づいていても知らぬふりをしてまで 日本国民の血を差し出そうとしています。 

こんな恥じ知らずの首相に1億2千万人の国民の平和を安全を蹂躙されるのは、まったく歴史的な屈辱であります。 

憲法は国の最高法規です。戦後ずっと順守されてきた、その憲法を自分たちの都合の良いように解釈変更し、そのうえに違法な集団的自衛権行使を可能にする法案を構築することは無効です。

それが許されるならば、あらゆる確立した日本人の守るべき伝統や規範、文化や慣習、知見のあり方についても、いつでも突然に解釈変更することができるというバカバカしい道を開いたことになります。

無知蒙昧な為政者によって、この国は未曾有の空前の混沌にさらされています。

(イラストはGoogle写真検索から引用)


 

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる