タイガースCS進出で思うこと

セ・リーグ最終戦の広島ー中日戦は、予想に反して、広島が完封負けしました。その結果、勝率で阪神が僅差で上回り、3位確定、同時にクライマックス・シリーズに進出できました。

しかし、フアンとしては、転がり込んできた幸運を率直に喜べない感じ。そもそも閑人はCS制度は好ましくないと考えており、これまでにもCS制度を、この欄で批判したことがあります。

想像してみてください。今年の阪神のようにペナントレースで勝率がなんと5割を切り、敗け数が多いチームが、仮にも2位巨人を破り、さらにはセの覇者ヤクルトを撃破して、日本シリーズに駒を進め、パ・リーグの覇者を争って日本一の栄冠を手にする!!
(2010年にパの三位ロッテがなったことがありますが、、、)

そんなことが可能なら、143試合にも上るリーグ戦は、なんだったのか、となります。いくらプロ野球とはいえ、ビジネス優先で導入されたCS制度は、ある意味、フアンをバカにしたやり方です。これでは143試合はすべて一次リーグ扱い。CS以降が二次リーグ、本選リーグということになってしまう。プロ野球機構は、自らプロの権威を貶めています。

やはり常道は、セ・パリーグ戦の覇者同士で日本一を争うこと。その結果、今年のほんとうのチャンピオンが決まるというやり方のはずです。今のルール上ではセ・パ3位同士の日本一争いもありうるわですから、バカバカしい話です。どこの世界にこんな、けったいなルールがありますか。

このようなルールで、ことし棚ぼた式に3位になった阪神が、仮にも「日本一」になったとしても、閑人は少しも嬉しくはない。どんな熱狂的な阪神フアンだって、どこか違和感を持ってしまうでしょう。これで「日本一の実力球団」になったと思うフアンがいたら、それは贔屓の引き倒し、よほどおめでたいフアンですね。


閑人は、CS制度に反対です。3位チームが「日本一の覇者」になれるようなルールを改めるべきです。プロ野球機構は、長期のペナントレースを終盤まで盛り上げて、ビジネスとしてもメリットが得られる方式を真剣に検討してもらいたい。

セ・リーグ勝敗表 (全日程終了)


  試合数勝数敗数 分  勝率  差  打率 本塁打 得点 失点 防御率
1 ヤクルト 143  76  65   2  .539  .   257   107   574  518  3.31
2 巨人    143  75  67   1  .528  1.5 243   98  489  443  2.78
3 阪神    143  70  71  2   .496   4.5   .247  78   465  550  3.47

4 広島    143  69  71  3  .493   0.5   .246  105  506  474  2.92
5 中日    143  62  77  4  .446   6.5   .253  71   473  504  3.19
6 DeNA   143  62  80  1  .437   1.5   .249  112  508  598  3.80


(勝敗表はスポニチ電子版から引用 赤字は引用者注)

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる