「不可逆的」決着の見方

「不可逆的」という、あまり使われない言葉を持ち込んで、日韓間の懸案の一つ、慰安婦問題は「合意」決着したかたちが示されました。

かつて「あれは単なる商行為、妓生の国だから」*1とか、慰安婦問題に軍の関与を認めた「河野談話」*2批判の急先鋒だったアベですから、ふだんの信念からは遠い、本心を隠した妥協の産物であることは明らかです。アベの政治的立場は一貫して慰安婦否認であります。*3

しかしながら、ヘンな言葉をわざわざ使ったものです。もともと国家間の約束事は、不可逆的な約束のはずです。なんで、わざわざこんな言葉を使う必要があったのか。そのことと、ここへきて急遽、決着したのか、その背景を考えます。

閑人の結論を先に申せば、やはりアメリカの思惑が左右したということです。台頭する中国に対して日本と韓国の隣人関係がいつまでも悪化しているのは、アメリカのアジア最重要戦略「リバランス」*4にとって不都合だからです。

アメリカにとって、自衛隊を海外派兵できるアベ安保体制を築いた日本、それと韓国こそがアジアの同盟国の要です。有事の際、米日韓の三国同盟軍を可能にするには、日韓融和が前提です。今回の決着は、「(慰安婦どころでない)もういい加減にしろ」と強いプレッシャーをかけるアメリカの意向に沿った米従属国同士の妥協だろうと考えます。親分の一喝で手打ちしたようなものか。

「不可逆的」とは、辞書的には「元の状態にもどせないこと」です。合意内容からすれば、「慰安婦問題では蒸し返さない」という意味が強調されたのでしょう。しかし、鉱工業の輸出入や経済援助の話ではありません。筆舌に尽くしがたい痛苦を強制された生身の元慰安婦にかかわる話ですから、蒸し返すか否かは、元慰安婦が決めることです。

合意翌日の韓国からの報道では、元慰安婦やその支援団体は総スカンです。韓国の事務次官は元慰安婦たちに「クリスマスころ急に日本が動いたので、事前説明する時間がなかった」とTVニュースのなかで語っていました。なぜ日本は急に動いたのか。

日韓に横たわる様々な問題について日本政府は、65年の「日韓基本条約」で、すべて「完全かつ最終的に解決済み」と突っぱねてきました。鉄壁の文言です。

慰安婦問題の顕在化は、それ以降のことですから、完全かつ最終の枠組みに収めることはないのですが、こんどの「合意」はその「完全・最終」に屋上屋を架すのではなく、新たな約束をしたことになります。条約でも協定でもない「合意」レベルというのは、国際法的にみても、拘束力は弱く、もっぱら信義則の範疇でしょう。

交わした文書がないようなので、時間がたてば、言った言わないと、事実関係は曖昧になります。合意というかたちで永年の国家間の外交課題が収拾されるのなら、もっと早く決着する機会があったはずです。

慰安婦問題を含めて歴史問題について日本側はいつも韓国は政権が代わるたび「蒸し返す」と非難しています。TVの街の声でも、したり顔でしゃべる中年男性がいました。しかし、たいがいの場合、これまで再燃するのは、日本側の政治家や評論家やメディアが、歴史修正主義にもとづく言説を繰り返したのが、きっかけです。

たとえば、「慰安婦なんかいなかった。謝罪する必要はない」という極論やら「植民地時代には鉄道や港湾、教育制度など整備してやった。ありがたく思え」という傲慢発言が韓国側を刺激してきました。つまり、「不可逆させた」のは日本側にあった場合が多いのです。

今回の合意骨子には、日本に法的責任があるという国家としての反省は盛り込まれていないし、今後、日韓共同で立ち上げるとする財団には「政府予算で10億円拠出」するが、「国家賠償ではない。支援である」と逃げています。つまり、元慰安婦に対しても、韓国国民に対しても、日本国家の責任を前面に出していません。

今夏の70年談話でもアベは、村山談話の精神を不承不承に継承する内容でした。今回の合意もアベには不承不承の合意だと思われます。アベを支持する極右一派や右翼メディア、評論家たちの顔を立てるためか、合意当日、急遽、アベ夫人を靖国神社を参拝させています。あさはかな配慮です。アベの本心隠しの譲歩は、極右のアベ支持者の反発をくらうことだろう。

極右のアベがなぜ、70年談話や今回の合意決着を不承不承、受け入れているか。それはアメリカの圧力だと思います。前の政権時には訪米して慰安婦問題について時の大統領ブッシュにお詫びしているのに帰国後はそんな会話はなかったと話して、ワシントン・ポスト紙に「安倍晋三の二枚舌」*5と酷評されたものです。フクシマ原発の「アンダーコントロール」発言といい、平気でウソをつく人物です。

歴代首相でも最悪の対米従属主義者であるアベは、アメリカの戦争に積極的の参戦できる「安保法制」を今秋,ゴリ押しで通しました。アメリカの世界戦略に目いっぱいの追従をしました。ここまであからさまに米追従になじむと、もう米のどんな要請も断ることは不可能でしょう。

アメリカの世界戦略で大きなポイントとなっている一つは、アジアでのプレゼンスと権益を守ることですが、前述しましたように中国に立ち向かってほしい友邦の日本と韓国がいがみ合っているのは困ります。

アメリカにとっては日本より韓国の方が血の同盟国です。韓国は朝鮮戦争、ヴェトナム戦争での同盟軍です。韓国軍はいまでも有事にはアメリカ軍の指揮下に入ることを容認しています。今後アメリカは、遅れてきた自衛隊を取り込めますので、来年から軍事にかかわる三国同盟化が活発になると予想されます。

慰安婦問題は、アメリカにとって日韓融和のトゲです。トゲが抜ければ、いよいよ北東アジアでの三カ国軍事協力体制は、加速されることでしょう。今回の日韓融和劇は、その安全保障対策を整備するという大きな目的のために地ならしされたようなものですから、、いずれ元慰安婦の心の痛みや癒しは片隅に追いやられ、やがてまた、事と次第によっては、蒸し返されるに違いありません.

だいたい加害者側が「蒸し返すな」と被害者に説教垂れるのは尊大な話。被害者が「もう結構です」と言うまで、謝りつづければいいのです。負の遺産を抱えた側の責務です。一事が万事、当事者の納得なしにコトをすすめて、うまく行くわけがありません。


*1  『現代史のトラウマ』
資料:いわゆる「従軍慰安婦」問題をめぐる、安倍晋三氏発言と安倍内閣見解の推移
 http://uma-sica.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-9da7.html

*2 河野談話を守る会のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/kounodanwawomamoru/63578640.html

*3  安倍晋三と「慰安婦」問題―発言に見る、極右政治家の実像―(成澤宗男)
 http://peacephilosophy.blogspot.jp/2015/07/blog-post_11.html
『Peace Philosophy Centre『』}

*4  米国の「リバランス」とアジア太平洋地域の安全保障 (高橋杉雄 防衛研究所主任研究官、「アジアの安全保障」プロジェクトメンバー) - See more at: http://www.tkfd.or.jp/research/project/news.php?id=1062#sthash.YeVfwT2a.dpuf

*5  きくちゆみのブログとポッドキャスト
http://kikuchiyumi.blogspot.jp/2007/03/blog-post_26.html

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる