We Shall Overcome

思わぬところで、思わぬ歌声を聴きました。懐かしく、心に響きました。

2月下旬、朝10時ごろ、沖縄・辺野古の基地反対闘争中の現場にいきましたら、なんと集まった人たちが、「ウイ シャル オヴァ―カム」を歌いだしたのです。みんな合唱しています。驚きました。

「勝利を我らに」*0 の歌が、辺野古基地反対の戦いによみがえっていたとは!! すぐさま学生時代の街頭デモの空気を思い出しました。
 
この歌は、黒人人種差別へのプロテスト・ソングばかりでなく、反戦平和運動の場でも歌われ、日本でもフォークソングの歌手たちが好んでうたっていました。もとは黒人霊歌だったそうで、讃美歌「勝利をのぞみ」にも取り入れられてきます。歌詞の一節はこうです。

1 勝利をのぞみ 勇んで進もう、
  大地ふみしめて。
  ああ、その日を信じて

辺野古に集まっている人たちは、おおかたは、キャンプ側とは反対側の歩道に小屋掛けしていました。座り込み600日というような看板も、こちらに移っていました。官憲に押し切られたのかどうか、基地ゲートは警備車が固め、デモの人たちは遠ざけられているのです。1年前とは、違った光景となってました。

日本の海と陸が治外法権の米軍基地にされ、日本の警察と民間警備員が、基地反対を叫ぶ同胞を力ずくで排除しています。誤った国策に翻弄される醜悪な光景がいつまで続くことか。

じつは沖縄へ行く日、辺野古問題について新しい動きがありました。米上院軍事委員会でハリス米太平洋軍司令官が証言。「普天間基地移設は辺野古基地が運用される2025年くらいにまでずれ込む。工事日程が2年ほどに遅れている」との趣旨を述べ、「日本に責任と義務がある」と言ってます。琉球新報は、一面トップ扱いでした。*!

これに対して日本政府は、これは米政府の正式見解ではなく、予定どおり2022年までに完了させたいとハリス証言を打ち消しています。*2、日本政府の発表よりも米司令官の言ってることが正解であることは、わかっています。なぜなら、在日米軍は日本政府と正式に制度的に意見交換をする場を定期的に設けております。その場で、事こまかく連絡調整が行われているからです。

3月からアベ政権が強行採決した安保法制が施行される今の時期になって、日米安保の緊喫重大な課題に見解の相違があるとは思えない。

屈辱的なことですが、日本は、米政府や米軍の意向に反するような独自の安全保障施策を選択できないのが現実です。ですから、ハリス証言のポイントは、日本政府は移設工事を予定通り行う責務があるということを改めて強調した点にあります。つまり、ハッパをかけたのか、日米双方の出来レースかでしょう。

この問題で、沖縄はもちろん本土の人たちが、ほんとうに「ウイ シャル オヴァ―カム」の日を迎えることができるのか、思えば暗然とします。まずはアベ政権を幕引きさせなくてはなりません。参院選で改憲勢力を抑えこまなければなりませんね。


*0 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%9D%E5%88%A9%E3%82%92%E6%88%91%E7%AD%89%E3%81%AB
   「勝利を我らに」

*1 2月25日 琉球新報電子版 http://ryukyushimpo.jp/news/entry-227644.html
     普天間返還は25年以降 米軍司令官、新基地完成「遅れる」明言

*2 2月26日 琉球新報電子版 http://ryukyushimpo.jp/news/entry-228407.html
    「ハリス氏発言、正式見解でない」 中谷氏、22年移設完了重ねて強調

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる