アベちゃんは、こんな人物 !!??

彼は首相としてここ二、三年、大変なことをしてしまったと思います。平和国家としての日本のありようを変え、危険な道に引っ張りこんでしまった。


こう語ってうっすら涙を浮かべたのは、アベちゃんの母校、成蹊大学の元学長で、アベちゃんを教えたこともあるという宇野重昭さん。もちろん集団的自衛権行使を閣議決定というやり方で認め、自衛隊の海外派兵を可能した安保法制案につながるアベ政治についての感想です。

談話が掲載されているのは、週刊誌『アエラ』*1。昨年から同誌でジャーナリスト、青木理さんが連載している『安倍家世襲三代の果てに』の最終回です。

この連載は、安倍家の父方の祖父、安倍寛 父、晋太郎、そして母方の祖父、岸信介と連なるアベちゃんの系譜をたどり、アベちゃんという人物を関係者の聞き取りと資料で描いた評判の力作。

青木さんは、ノンフィクション作家としてアベちゃんを調べ尽くした結果、人物としてなんら見るべきところがない。ただの凡庸で平凡な坊ちゃんが、なんで二度も首相のイスにつけたか、と首をかしげています。

アベちゃんは成蹊学園で小学校から大学までエスカレーターで16年間在学、大学では法学部政治学科だが、ゼミの指導教授だった加藤節さんは「彼が発言した」記憶がない。

明らかに世襲のなせるわざしょう。地盤があって看板とカバンがあれば未熟な者でも政治家になっていく。だから政治がどんどん劣化しています。致命的です


政治学科の卒業生というのに、憲法学の最高権威とされる芦部信喜の名を知らないと国会答弁したアベちゃんに慨嘆しています。同級生たちへの聞き取りでも、判で押したように「勉強にもスポーツにも活躍した記憶がない」と述べている。要するに可もなく不可もない坊ちゃん学生だったようだ。

アベちゃんは、受験競争の過酷さにも無縁で、アルファロメオを乗り回す姿だけが目立って、卒業後、アメリカ西海岸の名門、南加大に在籍しますが、語学研修に毛の生えた程度の勉強。一年間でホームシックにかかり帰国しています。(アべちゃんは、南加大政治学科履修と長い間、詐称していましたが、今は経歴から削除している)。

その後、大手鉄鋼の神戸製鋼所に「政略入社」(アベ家の選挙区、山口県下関市周辺には同社の広大な主要工場があります)。アベちゃんはここで三年間のサラリーマンを勤めますが、預かった会社側はアベちゃんの処遇に困惑したらしく、新入社員なのに異例のニューヨーク事務所勤務。

エスカレ―ターの学歴、留学ごっこ、就職、、、。世襲による権力を背景に世間の苦労なんぞは、なんにも経験していないことがわかります。

のちに同社副社長にまで上りつめた当時のアベちゃんの上司で、鋼板輸出課長、矢野信治さんの回顧談を引き出している。

当時の彼は要領のいいっていうのが一番適切な評価でしょう。、、、まるで子犬みたいだったな。(政界入り後に)周りに感化されたんでしょう。子犬が狼と群れているうちに、ああなってしまったと僕は思います。


再び元学長の宇野さん。

私もそう思います。保守政党の中に入り、右寄りの友人、側近、ブレーンがどんどんできたことが、大きかった。



アベちゃんの若き日々を知る人たちは、こんなふうに異口同音に平凡が取り柄の坊ちゃんが極端に右旋回してしまったことに不信感を抱いています。青木理さんは、どうやらアベちゃんは、祖父で国家主義者、岸信介を敬慕しているらしいが、岸の政治思想を研究し、それを支える考えを持つようになったとみられる努力も特にないようだと論じています。*2

となると、世襲であるがゆえに三代目の政治家になってしまい、その彼をウルトラ右翼の歴史修正主義の政治家にまつりあげたのは、誰なのか。いつも簡単な漢字にまでフリガナをつけてもらって国会答弁書を読みあげていますように、必ずや,この凡庸な坊ちゃんを傀儡首相に仕立てて操る奥の院か、側近かが居るのだろうと思います。不幸なのは、こんな自立できていない人物が首相でいる国の国民です。


*1 2016年5月2,9日合併号『アエラ』
*2 2016年4月18日『アエラ』

追記、連休中にヨーロッパ恥かき旅行をしたアベちゃんは、礼節知らずを世界に発信する記念写真を撮っていました。アッキーもおバカな嫁さんであることを露呈して、嘆かわしい限りです。

写真は、5月8日のTwitter上で見つけましたが、2チャンネルにも掲載されてました。

訪問先のエリザベス女王も内心呆れたことでしょう。オバマの方がずっと礼儀をわきまえています。

Ch7IXv7U4AAzn6a.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる