オバマ所感を読んで

obama.jpg


閑にあかして、オバマさんのヒロシマ所感を全文読んでみました。
そこにあるのは、あるべき理念の話ばかり、核廃絶への実効ある具体策がない。
社会の矛盾に良識あるふうな発言をしながら、何もしない学校教師か牧師かのように説教したのに過ぎない。

述べていることは、7年前のプラハ演説*1と同じです。ノーベル平和賞をもらった、あの「核なき世界へ」のことです。つまり、同じことを焼き直して、万感こめたふうに話しているだけです。あれからの歳月を思うと、空疎感に包まれます。

所感のなかで、いま54才のオバマさんは、自身が生きている間には、この目標を達成できないかもしれないと逃げています。それほど核なき世界を目指すことがむずかしいと留保条件を付けるということは、ほぼ永久に無理だと言っているのと同じです。世界最強の核保有国のリーダーにして、こういう認識です。

プラハ演説でオバマさんは、こう言ってました。「拡兵器を使った唯一の核保有国としての道義的責任」として、平和で安全な世界を希求することを誓う。そして今回もヒロシマ所感では、「広島と長崎は、核戦争の夜明けではなく、私たちの道義的な目覚めの始まりであるべきです」と結んでいます。

実はプラハ演説のなかでもオバマさんは,まだ47才だったのに、「おそらく私が生きている間には無理であろう」と見通しを述べています。生きている間には無理というエキスキューズをさしはさむことが、オバマさんの変わらぬ認識であることがうかがえます。それほど現実が厳しいという認識であるとするなら、だからこそ、国家的威信、人類への責任をかけてやるというべきだったのに、、。

というようなわけで、オバマさんは、原爆投下やさらに現実の核兵器製造、保有、使用の問題について、これを「道義的な責任」レベルとしかとらえておらず、実際の世界政策の上ではなんら有効な手立てを講じなかった。

オバマさんは、よほどいいスピーチライターを抱えているのか、選挙演説がとても上手だと言われてきましたが、核の問題に関しても「そうであればいいのになあ」という多くの人の期待感を巧みに盛り込んだ選挙演説みたいなものであったようです。

オバマ政権はいま30年計画で110兆円の予算を計上し、老朽化した核兵器すべての開発更新化を進めています。要するに、もっと性能のいい、使い勝手のいい核兵器にしようとしています。つまり、核の軍拡競争をやっています。アメリカは核拡散防止条約の国際交渉にはいつも難癖をつけています。、

核の軍拡競争を推進するのが、北朝鮮やテロ集団、あるいは中露の核兵器を想定したやむ得ない防衛措置だというのなら、まったくオバマさんが生きてる間どころか、永久に実現しないことになる。この問題を少しでも解決するために、言い出し兵衛が妥協なり譲歩なりが必要ですが、オバマさんは言ってることとは逆の振る舞いをしています。

閑人は、原爆慰霊碑のまえで、被爆代表者らがオバマさんにハグされて、感涙にむせんでいるのを映像で眺めていて、非常な違和感を持ったものです。拡廃絶、核軍縮に特段の努力をしなかったオバマさんとの対面が、そんなに感動的なことなのか。御対面に涙するほどのことか。みんな情緒に流されています。醒めた人はいなかったのか。

今朝の毎日新聞の報道*2によると、核兵器廃絶を目指す医師らで作る国際組織「核戦争防止国際医師会議」(ippnw・本部ニューヨーク)は、広島訪問について「核兵器は二度と使わないと確約しなかったことに深く失望する」。さらに「1兆ドル(110兆円)にも上る核兵器投資計画を断念するとき、あなたの約束は初めて意味を持つ。それまでは空っぽの美辞麗句にすぎない」と喝破しています。

閑人が抱いた違和感の元はこれです。溜飲の下る見解です。田舎の町村会議員にしろ、世界舞台での政治指導者にしろ、政治家と称する輩による単に美辞麗句で理想を口にし、期待感を煽るような有言不実行には、もう飽き飽きしています。

 ちなみに広島でのアベ演説の全文も読みました。なんら感興も起きなかった。オバマ訪問を外交努力のように言っていますが、本当は逆です。G'7ついでに、オバマさん側から言いだしたことを、大慌てで受け入れたのにすぎない。

唯一の被爆国である政府なのに、アメリカの顔色を窺って核拡散防止条約交渉にすら、アメリカに同調して、ずっと「棄権」しています。アベはオバマさんのヒロシマ訪問を支持率上昇に利用したい、参院選に役立てたいとしか念頭にないようです。こんな人物から通りいっぺんの「哀悼の誠」をささげられて被爆者は満足しているのかどうか。

(写真はGoogle画像検索から引用)

*1 オバマ大統領のプラハ演説全文は、Wikipediaで検索できます。
*2 2016年5月31日 毎日新聞朝刊 「行動なければ美辞麗句 オバマ大統領広島訪問」

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる