カープ優勝

おめでたいことです。広島カープ優勝!


maxresdefault.jpg


閑人は熱烈タイガースファンですけれど、カープの優勝は素直によろこばしい。
セ・リーグで言えば、タイガースについで好感が持てるチームがカープです。

「カネにあかして優勝するようなチームに一矢報いたい」
それがスポンサー企業を持たない市民球団、カープの意地といわれてきました。昨夜、その2位の金権チームと直接対決で突き放して優勝をきめたのですから、溜飲が下がります。15試合差のぶっちぎり勝利です。

大昔、仕事の関係で、かの地に勤務をしたとき、カープが優勝しました。1991年(平成3年)のことです。単身赴任の無聊を持てあまし、よく市民球場に通ったものです。原爆ドームの斜め前、繁華街のなかにあり、勤務先から歩いていけました。

隣のそごうデパートで弁当と缶ビールを買いこみスタンドにすわったものです。思えば、その市民球場は姿を消し、そごうデパートは「そごう・西武」傘下となり、いまでは缶ビールの球場持ち込みも禁止となっています。

記憶をたどると、あの年は正月早々からキナ臭かった湾岸戦争が勃発、春にはアジア大会向けの新交通システム工事現場で橋ケタが落下、20数人が死傷したり、センバツ大会で広陵高校が全国優勝するなどで忙しくしたものです。呉から海自掃海艇が国外に初めて正式に派遣され、わざわざ海部首相が見送りきたのを取材したのもこの年だったように思います。往時茫々のことです。

さて、当時のカープは山本監督でしたが、打撃陣よりは佐々岡、川口、大野らの投手陣が充実して、リーグ優勝。日本シリーズは西武と争い、3勝4敗で敗けました。日本シリーズでは球場全体が広島ファンで埋まり、なんどもなんどもスタンドをめぐる立ち上がりウエーブにつき合わされました。今回の優勝は、あのとき以来、実に25年ぶりということです。

それにしても1950年(昭和25年)に2リーグ分裂後に発足したカープは、これで7回優勝、日本一も3回経験しています。閑人の愛するタイガースは分裂後は、わずか5回優勝(通算9回)、日本一は1回ですから、球団戦績だけを比較すれば、カープの方が上回っています。立派じゃないですか。決して地方都市の弱小球団などと侮ってはいけないわけです。

来年は金本タイガースで優勝の夢を果たしてもらいたいものですが、今季の成績を見る限り、よほどの戦力アップがなければ、どうかなと思われるところが、タイガースファンの悲しみです。タイガースは2005年いらい、もう11年低迷しており、高齢者ファンにとっては、お迎えとの競争といった感じ、優勝の胴上げを見るチャンスは、そう多くないのです。

(写真はGoogle引用)

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる