真珠湾パフォーマンス

oahu.jpg

ことしのブログは、前回の「水槽の手入れ」でおしまいにするつもりでした。しかし、アベとオバマ大統領が演じた真珠湾慰霊と称するパフォーマンスが、あんまりだったので、感想を述べます。

ふだんからアベは歴史や文化やその他、社会人ならある程度は持っている教養といった品位にかかわるところがぜんぜん感じられない。アベの身近な者が研究者との対談でも語っていたことだが、アベは、担ぎ上げられてなった総理大臣という役割を「演じているような」人物。つまり、芝居の総理大臣役らしく振舞い、それらしくセリフを口にしている人物です。

ですから、素の発言では、およそ知性を感じられない。人の心を打つところがない。国会答弁などは支離滅裂で何を言っているかわからないのに、演説となると、気の利いた言い回しや、難しい言葉をつかっています。自分の言葉でありませんから、いくらいい言葉でも、一貫性がありません。

これは、しかるべきスピーチライターが背後にいて、アベはただ音読しているからにちがいない。役者の陰に演出家がいます。スピーチライターがいるのは、もちろん構わないが、ふだんとの落差が大きすぎるので、滑稽な違和感を覚えます。

今回の所感。真珠湾に寄せてはかえす波の音に耳をすませ、ふりそそぐ陽の光、、、、アベの柄にもない、アホらしい感傷で始まり、作家、アンブローズ・ピアスやエイブラハム・リーカーン大統領の言葉をちりばめた所感には、75年前、Sneak Attack (卑怯な奇襲)と蔑まれた先制攻撃から戦端を開いた大戦への反省も謝罪も盛り込まれていません。

(“悪魔の辞典”で知られるビアスをアベが知っていて引用したとは、誰も思わないでしょう。残念なことに、そういう点がアベの言説が自分の言葉ではなく、リアルと感じられないのです)

アベの口から「不戦の誓い」という言葉が飛び出していますが、戦争法制化や自衛隊の海外出兵、最近の核禁条約の反対など次々と打ち出す軍事化との整合性はどうなっているのか。その場を取り繕うカメレオンのようなリップサービスで、これまたまったく信用できないスピーチです。

所感のテーマに「和解の力」(The Power of Reconciliation)とあるのもは、おかしい。和解というのは、迷惑をかけた者が、かけられた者へ言う言葉ではない。加害者が非を認め、誠実に被害者の立場にたって問題の解決、解消のために譲歩したり、合意することを指します。法律用語でも「互譲」を条件にしています。

寛容の精神を説いていましたが、寛容もまた迷惑をかけた側が大きな顔をして言うべき言葉ではありません。かけられた側からの心の広さの問題です。

一体アメリカはなにを譲歩したのか、あるいはするのか。日本側が言う「和解の力」には主客転倒の観がぬぐえず、これは後日、アメリカからきっと異論が出そうな気がしています。

閑人は1996年、ハワイを訪問、真珠湾にあるアリゾナ記念館を見学したことがあります。途中の船の中や記念館はアメリカ人の見学者ばかりで賑わっていて、当時でも日本人はなんとなく不審な目で見られているんではないかとひるんだ覚えがあります。

arizona.jpg

そのときに購入したのは、パールハーバーを襲った日本軍に驚く当日の地元紙の号外(復刻版)です。3号までの全ページ号外が綴られています。題字横にに「ルーズベルト大統領は今朝、日本軍がマニラとパールハーバーを攻撃したと発表」とあり、特大の文字で「WAR!」とあります。それとアリゾノ・メモリアルの冊子です。

オバマ大統領のヒロシマ訪問の返礼、トランプ次期大統領への牽制といった見え見えの政治的パフォーマンスではなく、真珠湾攻撃の以前から続いた韓国、中国、そして軍靴で荒らしまわった東南アジアの諸国へ戦後を清算する政治家はいないものか。

アベはアメリカの真珠湾生き残り兵のまえで膝を屈して握手して見せたが、本来なら、その行いと同様のことをアジアでやらなければならない。

(この場面もオバマ大統領がヒロシマで被爆者をハグした振る舞いとそっくりさん。どこまでも対米追従です。対米追従といえば、アベが本気で真珠湾慰霊を考えていたのなら、オバマ大統領のヒロシマ訪問に先立って行うのが、加害国側の筋でしょう。)

極東の島国を再び軍事大国に変貌させて、「世界の平和に貢献する」としゃしゃり出る必要性が、どこにあるのか。国民は、そんなアベの時代錯誤の大国願望なんか望んでいない。国民の幸せ第一、国民の暮らしを豊かに向上させることに専念する政治家が切に望まれます。

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる