初笑い、憫笑, でんでん

おもしろき
こともなき世を
おもしろく  
     高杉晋作

年初から、面白いことは、あまりない。はやくも一月が過ぎようとして、突如、大笑いするシーンにお目にかかった。大笑いのあとで、情けないなあ、慨嘆させられるところが、また面白い。お粗末な新喜劇、アベは役者ですねー。

24日の国会答弁。「ただ批判に明け暮れたり、言論の府である国会の中でプラカードを掲げても何も生まれません」。アベが民進党を暗に皮肉った発言に対して、蓮舫代表が、そのような戦術は過去には自民党もやっていた。「どう整合性をつけるのか」と追及した場面でお笑いが飛び出した。

アベは、壇上の原稿を見ながら、民進党と言った覚えなんかなく、「訂正でんでん」といったものではないと、どや顔で一蹴してみせた。「でんでん」なる言葉は、どういうことか。

実は原稿には「訂正云々」とあったのだ。アベは、これを正しく読めなかったばかりか、なんのためらいもなく、「でんでん」と発音して、そのような日本語があると信じている様子だった。

官邸は、首相の読み間違えだとみとめているようだが、言葉の語尾に「でんでん」をつけるような日本語はない。仮に誤読だとしても、いったい全体、どういう意味になるのか。アベは、まるっきり意味をなさない言葉で国会答弁をしているわけで、このアホらしい話のいちばんのキモは、そこにあるのです。意味をなさない言葉で野党の質問に答えている、そのアホらしさです。

2311.jpg


ネット上で持ち切りの話題だったので、YOUTUBE(*1)で確認して、久しぶりに大笑いしました。アベは以前から、オツムが弱いことをさらけだしていましたが、それにしても、いいトシこいた自称政治家が、しかるべき場所でなんども使ったかと思える「、、、、云々」が読めないとは、あ然、呆然。

アベの非常識は数々あります。
16年間も在籍した出身校の成蹊と同じ「成」の字が正しく書けない。テンなし、ハライなし。(写真参照)。

C28ur2AVIAAQEGr.jpg

政界に20数年いるのに、先の大戦の連合軍による日本への降伏最終宣言{ポツダム宣言)を読んだことがない、と答弁
法学部出身なのに、憲法学の第一人者、文化功労者の芦部信喜の名前を知らず、と答弁
総理大臣は「立法府の長」と二度、三度と繰り返し発言している。(写真参照)


7ec80e1cbeba2f8973e34d566b8443e6.jpg


ネット上では、
「でんでん虫、ムシ 安倍総理」の替え歌が披露されたり、歳末恒例の清水寺での「今年の漢字」は「云々」に決まり、国語辞典に新しい読み方として載せられる、教科書も改訂されて、入学試験にも出題されることになったとか。みなさんこの国の首相の無知蒙昧を歎きならも、茶化しています。

今回のアベ誤読で明らかになったことは、首相の能力、国会演説や討論の形骸化、官僚の役割など、いろいろな面で面白がってばかりしておれないことが、あらためて日の目をみました。列挙すれば、、、、

一、アベはフリガナ付き、間合い付きの演説原稿をいつも読んでいるが(写真参照)、今回はフリガナついていなかった。


C28zZYOUsAAfdz1.jpg

二、原稿を書いた御用役人は、アベの能力を把握していなかった。買いかぶっていたか、手を抜いたか。

三、アベは国会答弁の原稿さえ事前にを読んでいないか、読んでも、読み方に疑念を覚えなかった。

四、野党を揶揄するような内容でさえ、役人が原稿を書き、首相は棒読みするだけ。

五、「立法府の長」を長い時間をおいても懲りずに発言することは、三権分立を知らず、側近も役人も諌言しないことを意味している。つまり「裸の王様」になりきってしまっている。

六、ということは、秘密保護法にしろ、安保法制にしろ、共謀罪にしろ、アベは、すべてコトの本質を理解せず棒読みしている。

血筋だけで成り上がったということのほかになんの取り柄も感じさせない、このような人物が、「努力すれば報われる社会をつくる」とか、「明日の日本を築き上げる」とか、「世界の安全安心に貢献する」とかと、したり顔で大言壮語する風景が、いつまで続くのか。笑っていられないニッポンの悲喜劇ですね。

でん、ででーん、でんでんの一席でした。

(写真はGoogle画像検索から引用)

 
*1 YOUTUBEで「安倍首相、でんでん」と検索すれば、動画がみられる。たとえば、
   https://www.youtube.com/watch?v=a3qq7_MTK_g youtube
   https://www.youtube.com/watch?v=-XY-IoMy-Mo youtube

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる