「国家の品格」を読む

07年の読書界は、06年にブームになった「国家の品格」を
マネて「何たらの品格」本ラッシュであった。女性の品格やら
親の品格やら、あやかり本が目立った。それ自体が品格を欠く
さもしい迎合の振る舞いである。

さて、ブームのさなかには手を出したくないタチなので、いま
ごろになって200万部以上売れたという元祖「品格」を読んでみ
たが、正直なところ、つまらなかった。なんで、この程度の本
が爆発的に人気を博したのか、そっちの方を考える方がよほど
面白いかもしれない。当時、コイズミやアベさんたちが、いた
ずらに自国中心主義のナショナリズムを煽った、その気分が反
映したのも一因かもしれない。

海外旅行の経験者は二通りの感懐を持つといわれる。「やはり
欧米は素晴らしい。もっと学ぶべきだ」派。「いや、欧米は大した
ことはない。日本古来からのものの方がずっといい」派である。

著者は豊かな海外経験を踏まえて上で、後者の立場にたっている。
欧米人はバラの花を好み、日本人は桜花を愛す。バラは茎にから
みついて落花せず色褪せてみっともない。桜花は清く潔く散る、
澄明である、などという例を挙げている。一事が万事である。
こんな比喩に特別は意味はない。育つ花が地域特性で異なって
いただけで、そこに精神性を見るのは、陳腐な考えである。

あげくに、ありもしない武士道精神なんてものを持ち出して、日本
の文化、伝統に立脚して情緒と形に立ち返らなければならない、と
いうようなことを強調している。日本と日本人のよさを武士道精神
のような幻の精神論を援用して指摘したところで、なにも変わらな
いし、決まらない。

どこの国にも国民にも自国の文化や伝統に誇りを持っているし、
好きな花や嗜好がある。それは他国と比較して、どちらが優劣
かという問題ではない。武士道があれば、騎士道がある。菊花が
あれば、チューリップがある。ウイスキーがあればサケがある。

かつて日本人に広く根づいたことがない武士道精神というような
架空の精神論なんかを持ちださずに、昨今の日本と日本人のだら
しなさや荒廃や停滞を論じて、提言していれば、時宜を得たもの
になっていただろうが、読後感は肩すかしである。

          藤原正彦著 新潮新書

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる