地面に伏せろ

n-DEFAULT-large570.jpg


北朝鮮から弾道ミサイルがとんで来たら
「地面に伏せろ」、
「室内にいたら窓から離れろ」


131996386895713102424_b29-016.jpg


こんなアホらしい、屁のつっぱりにもならない防御策を政府は国民に周知させようとしています。「飛んでくるぞ、飛んでくるぞ」と脅威を煽り、集団的自衛権の容認や多くの安保法制をゴリ押しで作ったにしては、お粗末な話です。つまるところ、アベ一派は、北の脅威やテロの恐怖を煽って、自らの政策の正当性を主張しているのです。


こんなポスターやスローガンをみると、思いだします。先の戦時中では、米軍機から雨アラレのごとく降り注いだ焼夷弾に備えて、布製の防空頭巾(ずきん)なるものをかぶらせ、大和魂で一致団結、バケツリレ―で消せば、アメ公なんかこわくない、、、と号令をかけたものです。


20151123-OYT8I50000-L.jpg


1b983f8f.jpg


あの原爆がまだ正体が明るみになっていないとき、新型爆弾に備えるため、白い服を着るといい。黒い服は光を吸収するので好ましくないという風評を流したのは軍部です。それまでは白い服は敵機から目立つので好ましくないと規制していたのに。

本土上陸に備えて竹ヤリで一人一殺、悠久の至高の精神に必ずや神風が応えてくれる、、、これまた、ご年配の方の脳裏に残っている、バカらしい記憶でしょう。

報道によると、地面に伏せろなんてことを徹底するために内閣府は都道府県の危機管理の担当者を集めて説明会をしました。(*1)”国民保護法”という、なにやら、うさん臭い法律に基づいてのこと。うさん臭いという感じを持つのは、政府は、そもそも国民の生命、身体、財産を安全を守ることが本務だから、改めて言うまでもないことです。

ことさらに「国民保護」をうたうのは屋上屋を架すのじゃないか。何か別途に含むところがあるにちがいない。そう思ったら、やはり、これは閣議決定で集団的自衛権の容認を決めた後にできた一連の”安保法制”のなかの一つ。

正式名は「武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律」( (平成十六年六月十八日法律第百十二号)の別名でした。

うさん臭いはずです。おどろおどろしい法律名をベールに包んで、”国民保護法”と言い換えているところなんぞ、「戦闘」を「衝突」などと言い換え大好きなアベ政権らしい姑息さ。

アベは言うに事欠いて、北朝鮮のミサイル発射を奇貨として、北のミサイルはサリンを装備、着弾させうるとまで公言し、北朝鮮を挑発する一方、国民の敵愾心を扇動しています。これほど公然と他国を敵対視して発言するのは異常なケースです。

当然、シリアの化学兵器使用を念頭に、なんの証拠もなく、「北の脅威」を言い募っているわけです。米空母の北上とあいまって、いよいよ米軍の尻にくっついて集団的自衛権の行使が現実になりそうな事態にアベはうれしくてたまらないようなはしゃぎぶりです。

集団的自衛権の行使可能にしたことは、北朝鮮の側からみれば、日米脅威を高めているのは間違いないでしょう。アベには、立場をかえて相手を理解しようという姿勢がぜんぜんありません。幼稚園児なみの稚拙な態度です。

本来なら、冷静に「不法無謀な北」を荒立てないように多面的に国際協調の外交の門戸を大きく広げ、事態の沈静化を図るように努めるのが筋なのです。しかし、脅威をふだん煽っている中国とも協議できないアベのアタマの中にはトランプ頼りと「国体護持する軍事大国」という構図しかないようだ。

こんな時代錯誤のバカと運命を共にさせられる国民は、たまったものでない。

*1 4月21日 朝日新聞電子版
   http://www.asahi.com/articles/ASK4P6QK4K4PUTFK01Q.html?ref=huffpostjp
   北朝鮮ミサイル、「民間防衛」促す 戦後初の動き
  http://www.huffingtonpost.jp/2017/04/21/missile_n_16154684.html?ncid=fcbklnkjphpmg00000001
   政府HPにミサイル避難方法

(写真はすべてGoogle画像検索から引用)

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる