”マツエク”のイーさん退場




伊達メガネ、マツエク、網タイツのイナダがようやく降りた。
31日、自ら騒動のタネをまき散らした役所にお詫びの一言もなく、サヨナラした。

「イ」嫌いとしては、酷暑のなか、溜飲をさげる一服の清涼剤です。

C_yaQznUAAASQ1w.jpg


伊達メガネと網タイツのスタイルは、特産地をかかえる選挙区向けのポーズ。目が高い人が見ると、海外に出るときなんかは、数十万円もする外国産ブランドメガネに変えているそうだ。本音では、特産地のでは、カッコよくないと思っているのだろう。選挙民を喜ばせて。裏切るワルイ奴です。

マツエクというのは、なんのことか(*1)。なんと目元くっきりと見せるため、マツ毛一本づつに、つけまつげを繋いで拡張するエステのことと知る。イナダはオン年、58才。国会で虚偽、はぐらかし、撤回発言を繰り返しているさなかに、何万円もするマツエクに通っていたわけです。

容貌に自信があるのか、その裏返しなのかどうか。そういえば、先のシンガポールでの国際会議であろうことか、同席のフランスとオ―ストラリアの女性大臣を引き合いに出して、3人の共通で重要なことは、「グッド・ルッキング」(美人)と自賛して、失笑され、醜態をさらしています。自称美人を自負するバックグラウンドには、こんな美容法?!を取り入れていたらしい。国事をよそに、国辱をふりまく浅はかな女です。(*2)

さて、「イ」が降りたら、次は「イ」のうえ、つまり「ア」ですね。いうまでもありませんが、本命の「アベ」です。アベの命運もできるだけ早く尽きることを願っています。アベはもう「まさに」「いわば」「基本的に」「いわば」「まさに」「基本的に」を壊れたレコードのようにリピートする崖っぷちにあります。あとひと押し、です。

「イ」や「ア」が嫌いで、これまでも何度かこの欄に書いてきました。根本的には、戦後70年を経た民主国家にとって、アやイの政治姿勢を受け入れがたいと考えています。国内でも国際社会でも、受け入れがたいものです。

もちろん個人的な好悪のレベルでなくて、近い将来のこの国の政治経済社会のありようとしても、アやイの目論見を受け入れるわけには到底いかないものだと思っています。

アやイが目指す国家のありようというのは、かいつまんで言えば、全面的な改憲のもと、

207.jpg
大日本帝国の復元、
首相の非常大権(もしくは国家緊急権としての全権委任)を法令化
国家神道の復活、
自衛隊の国防軍化(国際社会で核兵器を保有する”核クラブ”参加)
教育勅語の浸透と社会保障よりも家族意識の強化、
道義大国化(日本会議が目指す国家ファースト、国民の臣民化)

アべが言う「戦後日本の脱却」というのは、「戦前回帰」という意味です。その目標に向けて教育基本法を改訂、歴史教科書の右寄り化容認、特定秘密法、安保関連法制、共謀罪法、、、、と第一次、第二次政権と積み上げてきています。教育の右傾化、不適切な法令による自由や人権の包囲など、もはや看過できない時点まで進んでいます。

アベは、同じ極右思想を共有するイナダが可愛くて、自らのちの首相候補として育て上げるつもりだった。そのため、政治家どころか、社会人としての資質さえ問われるバカ発言、法違反発言、隠蔽、虚偽発言のときでさえ、かばい続けました。

この構図の一部分は森友学園の国有地払下げ問題と同じです。園児の教育勅語を唱和させ、園児に自衛隊を日の丸の小旗を振らせて歓迎するカゴイケを「素晴らしい教育者」と褒め上げて、特別な優遇措置を援助したと見られています。アベは自説に寄り添う者でありさえすれば、重用する視野狭窄症なのです。

奇しくもというか、イナダの亡父は、極右運動家として知られ、カゴイケも信奉しておりました。イナダが森友学園の弁護代理人を一時期勤めていたのは、そういう筋だからで、その筋の片方にアべやアキエがいたのです。まったくもって、連中の極右相関図はわかりやすいのです。

ついでにいえば、イナダは本職は弁護士です(*3)。政治家へデビューするきっかけは、日本兵の百人斬りはなかった、兵隊の遺族が名誉棄損だとして、提訴した訴訟の原告代理人として、いわば大南京大虐殺はなかった論を唱えていた。

あの戦争を正義の戦争ということは、イナダによれば、東京裁判は「事後法」であって無効。したがって東条英機もアベの祖父、キシシンスケも無実という論理につながるわけです。

その第二次世界大戦後の世界秩序をチャラにする暴論というべき主張こそ、極右連中の本懐です。イナダの言説がアベに見込まれ、また極右勢力から歓迎されたのが、極右の姫になる始まりです。つまりは父娘二代にわたる反民主主義者、大東亜戦争聖戦論の、トンデモナイ国家主義者なのです。

それが自身の本当に信念に基づく考えなのか、極右思想の連中になびいた借りものなのか。おそらくは、アベ寵愛に応えた「マツエク」なんだろうと思います。アベ1強に躍ったバカ女の終焉と思いたい。

本来なら、大臣職を辞するどころか、議員としても不適格者であることを強調しておきます。こういう伊達メガネ、マツエク、網タイツの「おしゃれが好きな、ダサい人」(*4)とか「田舎の金持ちフアッション」とか揶揄される人物が二度と国政に携わることがないように願いたいものです。選挙区の皆様、ぜひぜひご検討ください。

(写真上下ともにGoogle画像検索から引用)



*1 マツゲエクステ(通称マツエク)とは自分のまつ毛に一本ごとに人工ナイロン毛を専用の接着剤でくっつけて、目元をカワユク!見せる美容技術のこと。

*2 AERA https://dot.asahi.com/aera/2017062900046.html
   小島慶子「稲田大臣の『グッドルッキング』発言に世界は失笑」

*3 http://1000nichi.blog73.fc2.com/blog-entry-9810.html
    弁護士だけど裁判負けまくりの稲田朋美大臣、南京虐殺でも大惨敗
    夫の稲田龍示弁護士も敗訴


*4 2017年3月31日 女性自身の記事
C8TozOEUAAAYAwJ.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる