FC2ブログ

藤浪がんばれ

ifujinami.jpg

藤浪晋太郎は、よみがえったか。
速球はよみがえったが、まだ持前のノーコンは癒されていない印象です。まだ「抜けるタマ症候群」に罹っているようです。

27日の対巨人戦。巨人のルーキーと見事な投手戦を演じました。冷静に巨人打線を抑えました。惜しいことに味方打線の援護点がないまま、7回、先頭打者の背中にデッドボール。ここでイヤな予感がしました。

なにしろ藤浪は、好投手との評判とはうらはらに2013,14年の最多デッドボール王(各年11個)と不名誉な記録を持っています。案の定、代走者の二盗に続き、サインミスによる暴投、そして代打者のタイムリーで、均衡を破られ、4敗を喫しました。ことしは、まだわずか3勝しかあげていませんが、デッドボールは7個目です。

今月中旬の対広島戦では、一か月ぶりの登板だったが、4回2/3を7安打、デッドボール2を含む7四死球で3失点でノックアウト、4敗目をとなり、またファームに落ちた。このときは京セラドームのスタンドで観ていましたから、フアンの落胆、ブーイングをじかに味わいました。フアン愛はすぐさま腹立ちまぎれの憎しみにかわりますから、こころないヤジも飛びました。

いう言うまでもなく、高校生のときは、春・夏・国体と三冠投手、プロに入っても新人特別顕彰、3年二ケタ勝利、オールスターやWBC選出など輝かしい実績があり、「日本の球界を代表する大投手」と期待されている金の卵です。タイガースにしても小山正明や江夏豊に続く大投手の系譜を継ぐ人物です。

しかしながら、2013年から同時にプロ人生を歩み始めた,セパの両雄との5年間をくらべると、こうです。

          勝  敗  三振  四球   死球   防御率

藤浪晋太郎  45 36  729    301 38     2.97

菅野 智之   57   33   737   166 19     2.25

大谷 翔平   39   14   597   184 23 2.55


二刀流の大谷と比べても、藤浪の総合力はやや劣ります。際立っているのは死四球の多さです。藤浪は昨秋には160キロオーバーを投げました。バッタバッタと三振を討ち取る正統派の速球投手ですが、どういうわけかコントロールにはいまいち冴えがない。粘られると、四球になってしまう。

今シーズンも開幕早々、ヤクルトの打者にきつい死球を食らわし、あわや乱闘騒ぎになりそうでした。この間の対広島戦でも対巨人戦でも、デッドボールがきっかけで崩れました。四球よりも死球を与えた方が投手が負うプレッシャーが大きいと思われます。ここが藤浪のメンタル面に響き、動揺を誘っているのかもしれません。

アスリートによく起こるイップス(精神的なことに起因する運動障害)になっているのではないか、という専門家の見方もあります。ストライクを取りに行くタマが抜けると、死四球につながります。それが怖くて、一定のコースを突く投球に迷いが生まれます。

若くして大舞台の厳しい場面を乗り切ってきたタフやヤツ、というようなイメージとは別の内面が藤浪にいるのかもしれません。メッセンジャーを欠くタイガースにとって、藤浪の完全復帰が待たれます。

いまのままでは、菅野、大谷に引けを取り、メジャーへ行った ダルビッシュ(日本ハム在籍8年 93勝38敗 奪三振1250個)や田中将大(楽天在籍7年 99勝 35敗 奪三振1238個)ら直上の先輩たちに続けられるかどうか。なによりタイガースのエースとして優勝投手になれるかどうか。がんばってほしい。

(写真はGoogle画像検索引用)

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる