「父親たちの星条旗」を観る


「硫黄島からの手紙」とともに製作されたクリント・イーストウッド監督の日米戦争ものの映画。これで二度目だが、今回はWOWWOWで観た。

太平洋戦争の激戦地、硫黄島の日本軍守備隊を米軍が陥落させたとき、擂鉢山に立てた星条旗の決定的写真はよく知られているが、それが撮影されたときの真相と、そのとき生き残って英雄にされた三人の兵士の後日談。



hata




アメリカ政府は戦費を調達するため、この激戦地での死闘の写真を最大限を利用することにして、三人の兵士を無二のヒーローに仕立て上げる。全米各地でショーまがいの講演会を開催、銃後の戦意高揚に利用した。彼らの口から国民に国債を買って戦争に協力してほしいと煽ったのだ。

ところが、問題の写真は、最初に立てられた旗の代わりに立てたときのもので、カメラマンの注文で撮ったもの。おぼえのない勲功で英雄に祭り上げられた三人の兵士の戸惑いをよそに、彼らを引きずり回す軍部、熱狂する国民、、。

日本でも古くは肉弾三銃士とか、死んでもラッパを放さなかったキグチコヘイとか、軍神の乱発とか、誠意昂揚に虚実とりまぜた挿話が作為されたが、アメリカでも、そうだった。こういう世論誘導をすることが、戦争を遂行するためには不可欠の銃後対策であることがわかる。いまもイラクやアフガニスタンでも操作され続けられているにちがいない。この映画は、その点へのつよいメッセージであろうか。

英雄の一人は、インディアン出身。英雄視されるかたわら、公然と差別される。アメリカの不条理に苦しみ、戦後は見放されて、農家の納屋で野垂れ死にする。

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる