適材適所

アベがまた従来からある正しい日本語に新しい意味を加味した「ことば遣い」つくりました。

なにしろ、彼は母校の校名に当たる文字さえ正しく書けないことで知られていますが、今回もユニークな解釈を表明して、国民を惑わせています。これほど国語力が劣ったリーダーは戦後最悪です。いち早く絶滅危惧種の仲間入りをさせたいものです。

なんだと言えば、四字熟語で知られる「適材適所」(*0)という言葉の字義について、「自分の立場を守るためなら、ウソ八百を言い募る人物をふさわしい位置につけること」という意味を追加したのです。

さっそく来春の義務教育から採用されるに違いないが、学校現場の混乱は避けられそうにない。英語の方では原発汚染水の「アンダー・コントロール」というのは、「オリンピックをまかせられないという雰囲気が出ないようにするために使った」という意味だったと新解釈をして、国際社会をだました前歴がありますが、、。(*1)

森友学園の国有地激安払下げ問題で「特別なはからいをしていない」、「記録がない」、「文書は破棄した」、「パソコンは自然消去する」などとシラを切った佐川宣寿・前理財局長を国税局長官に昇格させた人事案件について、アベは、14日、国会本会議の演壇から、こう言い切りました。(*2)

「それぞれのポストに最もふさわしい人材を適材適所で配置する、という考え方に基づいて行った」と答弁しました。アベの行政私物化をかばいつづけた忖度官僚の黒い星を「ふさわしい」とたたえたのであります。

こんご上司を守るためなら、恥も外聞も投げ捨てて献身する人物の意味を付加することになった四字熟語誕生の瞬間です。ようするに、親分の意をくんでなら、なんでもやりますというヤーさんの世界と同じなんです。

アベはモリカケ問題について、国会では「謙虚に 丁寧に、真摯に」といいつつ逃げまくり、選挙期間中は国会で謙虚に、丁寧に、真摯に審議すると争点にせず、再び国会が再開されるや、開き直っています。

このことから国民の間では「謙虚 丁寧、真摯」という言葉は、口先だけのことで、問題を先送りしつつ、ウヤムヤになるまで待とうという意味であることと理解されてきました。

11・30付けのFBで見つけたジャーナリスト、吉富有治さんの投稿の後半部分を引用しましょう。


▼国有地の売却金額が非公開だったのは、972件中1件。
一括支払いが原則なのに分割払いを認めたのは1214件中1件。
将来の売買を前提に定期借地契約を認めたのは1194件中1件
瑕疵担保責任免除も過去に1件だけ。

▼以上は森友学園と近畿財務局との土地取り引きに関するもので、
「1件」とはいずれも森友学園のことです。じつに特例だらけで、これで
「問題ない」とするのは無理がありすぎます。なぜ森友学園だけが特別
扱いなのか、疑問に思わないほうが不思議なくらいでしょう。

▼加えて言うなら、それまで幼稚園単体を経営していた法人には許可
されなかった小学校の設立認可に関しても、大阪府は森友学園の申請
を許可しています。状況証拠だけでも「変だ、怪しい」と見られるからこそ
追及されているのです。これで、「安倍総理の言うとおりだ」と思う人がい
たら、そちらの方がよほどヘンでしょう。



こういう誠にまっとうな意見が通らない、不思議の国って、ほんとヘンですね。

異例中の異例なことを、臆面もなく忖度して、出世する、あるいは、そういう人物をふさわしいと取り立てる。「適材適所」の字義変更。こういうやり方こそ、改憲への道筋かもしれません。

*0 新明解四字熟語辞典
   その人の能力・性質によくあてはまる地位や任務を与えること。

*1安倍総理の「汚染水の影響は完全にブロックされている」発言のその後の言い訳がヒドイと話題に
  https://matome.naver.jp/odai/2137856684578462101

*2 http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201712/CK2017120502000120.html
   東京新聞

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる