ミシェル・ウイリアムズ

r-michelle-williams-men-hate-short-hair-large570.jpg

2017年が暮れて行きます。一年をふりかえって、いろいろ感懐にふけるのが、世の常なんでしょうが、たとえ僅か365日とはいえ、過ぎてしまったことは、今更しょうがない。あれこれ思いを巡らせても、どうなるものではない。

年越しの安倍家はカケもモリもない、だったか。そういうような川柳を新聞でみましたが、だいたい、それでことしは終わった感じ。
この国がまともになるには、なにわともあれ、まずはアベがナベ底に滑りまず落ちることから始まりますから、来年に期待しますか。

まあ、ことしもアホらしやの鐘が鳴り、南京豆のツナ渡りだったと、わけのわからぬことをつぶやいています。

師走。世人は東奔西走しているときに、閑人は文字どうり、ヒマ。これが社会の戦力外になったものの役得です。なのでDVDの映画三昧をやっています。一つ、いいことを見つけました。アメリカの女優、ミシェル・ウイリアムズが、とても素晴らしいのです。気に入りました。



「フランス組曲」、「マリリン 7日間の恋」、「マンチェスター バイ ザ シー」、「ライフ ゴウズ オン」の4作です。彼女のここ2,3年の主演作品です。

マリリンは、ややコミック調ですが、細身ながら均整がとれたセクシーなプロポーションを感じよく披露しています。あとの3作はいずれも、もの静かな知的な役柄ながら、ときに激しい感情表現を好演して魅力的です。なかなかの演技派です。そのうちアカデミー賞を取るかもしれません。

見た目には、かつてヌーベル・バーグのはしりだった「勝手にしやがれ」で一世を風靡したジーン・セバーグとよく似た雰囲気があります。閑人は「明日に向かって撃て」のキャサリン・ロスや「地上より永遠に」のドナ・リードなんかがタイプなので、目下盛業中の女優のなかで、お気に入りを見つけたのはいいことでした。
 
来年もミシェル・ウイリアムズを楽しみにしましょう。

(写真はgoogle画像検索から引用)




コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる