FC2ブログ

三代目の馬鹿ボン

長く生きると、他人の家の三代を、この目で見ることになる。
バカはバカなりに、カシコ(、、、これは大阪方言かな、、、)はカシコなりの三代、である。

やんごとない家筋、家元制度のある職種や芸能の世界でも三代の移り変わりをじかに知ることができる。 松下幸四郎や林家三平、あるいは関口宏なんか、本人はもとより、二代目、三代目も見ていることになる。

政治家の世界も二代、三代目がゴミみたいに多い。よほど甘い汁が吸えるらしく、息子や孫にまで、その道を歩ませようと必死である。艱難辛苦に堪えて、なお得るところがないビジネスであれば、だれも後継者にさせたくないのが人情。だから、茶花や芸事と同じように、虚実ないまぜの名と役得やら実益やらがたっぷりあるに違いない。

そうした世界では、往々にして、「売家と唐様で書く三代目」という戯けた馬鹿ボンが生じる。岸信介、安倍晋太郎、アベ晋三の血筋も、そうである。三代目のアベの場合、教養不足が明らかなので、「売家と唐様では書けない」三代目であろう。


岸信介の名は学生時代、アンポ反対で何百遍、叫んだことか、出っ歯気味の面相、いまも鮮やかである。晋太郎は、元の勤め先の大先輩。当時、外務大臣。父方の安倍寛の血が濃いかったせいか、リベラルな面があった。次期総理なんて思惑が社内に広がっていて、退社して後塵を浴びようとした直近の先輩もいたから、よく知っている。晋太郎は若死にした。

そのあとが、戦後最悪の性悪首相こと、アベである。アベの唯一の功徳というのは、気の毒なことにアキエとの間に子がないことである。あれば4代目の顔が、すでに成人であってもおかしくないが、、、、どうせ養子なんかを取り、4代目を作るに違いないが、閑人はそこまで、この世にはいまい。

今回は三代目は世迷言を言うという話なので続けますが、岸からアベの間に、三代どころか、何人もの自民党の総理大臣がいたが、アベが発議を促している憲法改悪や一方的な閣議決定でもって容認してしまった集団的自衛権の行使(つまり、先年,強行採決した安保法制)について、歴代の自民党政権は、どう語っていたのか。国会でどう答弁していたのか。

それが一目でわかる写真を筑波大学の情報工学の教授がFB(フェイスブック)に投稿していましたので、下に引用して拡散したい。


119_2018012917381071b.jpg

こういう証言を集めたすぐれた労作をみると、アベが突出して危険な政策を打ち出していることが一目瞭然です。


アベが、なにがなんでも、がむしゃらに憲法を改悪をしたがるモチベーションというのは、一体なんなのか。70余年、他国の人を殺さず、自国民が1人も殺されないできた稀有な歴史を、どう考えているのか。


この国と国民を再び戦火にさらしてもいいじゃないか、という発想はなんのためなのか。理解に苦しむ。馬鹿ボンの異常な神経ではないか。

アベの口癖に「昨今の安全保障環境の悪化に対処して、、、」がありますが、対立や敵愾心を煽っているアベの方である。相手方が、核の傘というトラの威を借りた挑発であり、侮りと受け止めてもやむ得ないものの言いようである。


一体、北朝鮮や中国が、この国を襲ってくるとか、侵略してくるとか、そういう外患説の根拠なんなのか。かつて「ソ連の脅威」を煽っていたのに、冷戦終了後、脅威なんかなかった。脅威があると言っていた方が都合がよかったと述懐した防衛官僚がいた。だまされやすい民心を弄ぶ無分別である。


アベはあの北朝鮮に対するトランプの和戦両様の構えを抑える側にまわるのではなくて、先制攻撃もやむなしかのような発言で支持するのはなぜなのか。北朝鮮とアメリカが戦端を開けば、集団的自衛権の発動、即この国の参戦は避けられない。

国際社会の数多い為政者にあって、アベの立ち位置は、いまや異様な奇観ですらある。アベは「対話のための対話はムダだ」と口走るほど対話をしたかと言いたい。たとえば、拉致家族の窮状救済のために、どれほどの対話をしたというのか。拉致家族はもう明らかにアベのポジション・トークを見限っているではありませんか。

「元気なバカほど手がつけられない」といいますが、ほんとうにアベの進める先は、あぶない。目下、開会中の国会答弁をみていても、しょっちゅう、横見をしたり、何やら、うすら笑いをして、、、、。

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる