スポーツ三題

その1 タイガースは今年、優勝できるのかどうか。セ・パ交流戦を控え、2位につけていますが、5位まで1ゲーㇺ半。いまのところドングリの背比べ。勢いからすると、カープ三連覇が最も近い、DENAも潜在力は侮れないのではないかと思ってしまいますね。

金本監督もことしは正念場。ロサリオが期待通りの活躍をしないは、能見や藤浪が停滞するはで、しんどいね。星野元監督の追悼式で誓った「優勝を墓前にお届けしたい」の約束が重くのしかかって大変。

永年のファンとしては、言うまでもなく、優勝を切望するけれど、先の対巨人3タテのような試合を見せてくるのなら、それでも十分楽しませてくれる。めったに優勝しない、できないチームのフアンは、シーズン途中になると、哀しいことに期待値を下げて満足するようになります。とにかく、巨人だけには負けるな。

その2、例の日大アメフット部の卑怯な醜態。ボールを蹴ったり、投げたりしてゴールを争って、ナンボのものや。というのが、あらゆるスポーツにつきまとう、ある意味、アホらしさなんですが、そこはそれルールを作って、厳格にルール内の約束事でもって力と技を競うところに面白さがあります。その枠組みを戦略的に破壊してまで勝ちにこだわり、バレたら逃げまくる指導者たちと大学法人。

まったく話にならない。閑人が若いころ、日大のことを「ポン大」とはしょって言ってましたが、その語感からくる中身の薄い、軽いーーイメージは健在だったようです。これからは、「アメフ大」ということで通るようになるかな。

その3 大相撲は鶴龍が勝ちました。終盤の優勝争いには、「日本出身力士」は加われませんでした。それで思い出すのは、あの稀勢の里。すでに7場所休場中です。来場所も休むとすれば、休場新記録になります。もともと稀勢の里を横綱に昇格させたのは、当時の「日本出身力士」の横綱待望論に沿った感じのもので、多少ムリがあった。

いまや大相撲は国際的な興行になって、隆盛を保っているのですから、日本人かそうでないかを区別する必要はぜんぜんありません。仮にプロ野球やサッカーのようにベンチ入り外国人プレヤーの人数を限定するやり方を大相撲に適用すれば、もう面白い興行はなり立たないでしょう。

強い「日本出身力士」待望論はあってもおかしくはありませんが、その風潮にのって、日本人力士を微妙に優遇するのは、好ましいことではない。結果としてフアンの期待を裏切ることになりますよね。

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる