FC2ブログ

高校野球も五輪も気象に勝てない。

老体にことのほかこたえる、この猛暑。
老体でないものも、悲鳴をあげています。

やはり、この暑さは、ことしだけ特別に異常なのではなくて、地球温暖化の影響にちがいない。
だとすると、トランプみたいな温暖化否定論者が大手を振っている限り、来夏は涼しくなるという保証はない。
地球はもう後退は望めないかもしれない。

暑さにめげて、エアコンの効いた居間でTVの高校野球予選を観ながら、考えました。気象条件の変化に合わせて、夏の甲子園大会は改革しなければならない。

でなければ、選手や応援団から暑さによる犠牲者がでる可能性が高いと思います。健康管理を度外視すれば、死者や病者が出るおそれが大であります。

主催の新聞社と高野連は、緊急対策を取らなければならない。地方大会ではイニングの間に補水時間を設けたり、ベンチ内にエアコンを設置したりと、とりあえずの弥縫策をとっているようですが、炎天下のグラウンドや観客席はほったらかしです。

根本的な対策としては、
一、勝ち抜くために5.6試合もやる予選を前年の秋にする
一、その先にある夏の甲子園をやめて春に一本化する

これが一案。

一、春をやめて、予選を初夏にする
一、甲子園をドーム化する

これが二案。

一、甲子園にこだわらず、会場をエアコンがきく京セラなどドーム球場に変える
一、それでも聖地と美化する甲子園の名にこだわるのなら、例えば、京セラドームの名前を甲子園に変更すればよい。

これが三案。

昔は頭から水をかぶってがんばった。カチわりを頬張って応援した。こんなスポ根物語は、とうに問題外だが、そう思っていない野球関係者が多い。今,、大切なことは野外でやる野球を天災地変並みの気象条件に見合うスポーツにすることです。

ついでに言えば、2020年酷暑の候の五輪開催について。わざわざこの国の一番熱い時期に開く事情というのは、よく知られた不都合な真実で、実はアメリカのTV局の都合といいます。巨額の放映権料を払ったテレビ局にIOCはおさえこまれているわけ。

秋にはアメリカの人気スポーツ、アメフットやバスケのシーズンと被るからだそうだ。ちなみにメーン種目の決勝を朝早くに行うのは、アメリカの夜のゴールデンタイムに合わしてとのこと。

ここにも選手の健康管理や都合は一顧だにされていない。閑人は五輪はもう役目をおわった。やらなくてもいいと、かねてから考えています。

五輪は、もはや商業主義の横暴は目に余る事態にまで悪化しています。世界の優れたアスリートたちは、商業主義という手のひらで踊らされる気の毒なショー道具にすぎません。

こうした五輪のゆがみにそれぞれの競技連盟が、たいした不満不平をこぼさないのは、もはや競技運営が利権化しているからだろうと思わせます。



コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる