FC2ブログ

内視鏡の検査

内視鏡による大腸検査をうけました。
その結果はどうなのか、不安な気持ちを抱えて病院へ行きました。

検査では大小七つのポリープが見つかりました。そのうち最大7ミリのポリープをはじめ四つを切除、病理検査に回すと言われていました。いずれも「良性」との診断で、胸のつかえがおりました。

なにしろ父、兄、妹、わが娘らみんな、がんを患う血筋ですから、内心は戦々恐々です。ひとまず、大腸がんの危機は遠のきました。ついでに、B、C型肝炎やエイズ、梅毒の検査もやってくれていて、これらも、すべて「陰性」でした。

この日は三月ごとの定期健診をしている日と重なりまして、検査結果を聞くまえに、採血、尿検をしましたが、気がかりな血糖値、高血圧、尿酸値、またへモグロミンA1-Cも基準の範囲内と分かりました。

つまりは、老体は老体なりに、ひとまず健康寿命を保っているのかな。すこしばかり安堵しました。閑人は、とくに長生き願望という熱意を持ち合わせません。成り行きで結構と思っていますけれど、成り行きの過程で、とりわけ痛み、苦しみを伴いつつの長生きするのは御免蒙りたい、という願望はあります。

内視鏡による大腸検査は、これで三回目です。ここ数年間で二度も腸閉塞に苦しみ、入院しました。腹部の膨満感とともに猛烈な痛みを感じさせる、イヤな病気です。

なんで腸閉塞なんかになるのか。医師は言います。一般的には過去に開腹手術を経験したりすると、その後も癒着が起こりやすいと。

この検査をやった方はご存じでしょうが、要は検査前に、滞っている便を一掃して、腸内をすっからかんにしなければなりません。内視鏡がよく見える環境つくりです。

これが、まことに厄介、面倒。病院から事前に渡されたレジ袋いっぱい分の薬剤と、おかゆ食と、下剤を術日の前々日から決められた時系列で口に入れていきます。前日には朝、昼、夕食すべて妙な味のおかゆです。

すっからかんにするための食事。矛盾した効果をだすために処方された、なんともまずい薬膳です。酷暑きびしいおり、健康体の者でもしのぎにくいのに、ひんぱんにトイレ通いとは、やってられない苦行。当日朝には、下剤の粉薬を溶いた1800リットルの水を1-2時間内に飲みます。もうほとんどトイレ往復状態です。

内視鏡の術式では、鎮静剤を使ってもらい、昏睡してましたが、ポリープが多くて、二時間近くかかり、終わり近くでは意識が回復し、目前のモニターに映るわが腸内を移動する内視鏡、ポリープを針金の輪っパ(ポリペクトミ―)で切除するイタイ瞬間を眺められました。

結果待ちの間に内視鏡による大腸ガン検査の特集記事で、高齢者の腸は弱く、薄くなっているので、穿孔による出血などで死亡リスクが高いというデータを知りえていましたので、今回で、わが余生の最後の検査になればいいと思いました。

なのに、医師は、小さいポリープがいくつもあるようだから、毎年一回、夏の恒例検査にしたら、と笑ってました。

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる