FC2ブログ

サヨナラ維新コンビ

大阪市長選挙も始まりました。大阪維新のコンビが「壊れた中古品交換選挙」とされる知事選と市長選に出馬して、ウソばっかり言っています。

マツイは知事・市長候補者討論会で「(都構想が実現しても)大阪市はなくならない。この町並みや土地がなくなるわけがない」と話して、元部下だった元副知事のコニシから「詭弁だ、地方公共団体としての大阪市が無くなるのだ」と、一蹴されています。知性の差がくっきり。

同じようにヨシムラもナンバ駅前の演説会で、「このナンバ駅前がなくなるわけがない」と強調しています。これもまた、虚言です。

「大阪市廃止」というのは、有権者にショックが大きいので、はぐらかしているとすれば、悪辣です。あるいは、こういえば、有権者にはわからないだろうとバカ扱いしているのなら、なお一層を汚いやり口です。

維新の連中は、かつて演技性人格障害(*0)と医師から認定されたことがあるハシモトの無責任な目立ちたがり、虚言癖の影響をうけているせいか、平気で公衆の面前でウソをつきます。まあ。アベ、トランプも顔を赤らめるでしょう。

D2RHyUkVYAAW2dE.jpg(*1)

DZn76dfV4AQfgZg.jpg(*1)

維新のスローガンは「身を切る改革」。しかし、身を切られているのは、おもに公務員、教員です。これら税金扶持の人々を不当にやっつけることで、閉塞感のある一般人の歓心を買う手口。とはいえ、自らの身を切る例はない。マツイが知事時代、退職金を返上すると大見得をきりましたが、実際はこうです。

                                               平成27 年9 月1 日
 大阪府知事松井 一郎 様
                                           大阪府特別職報酬等審議会会長 池田 辰夫
             特別職の報酬及び給料の額等について(答申及び意見具申)
(引用者・前略)
知事の給料の額については、上記の考え方に加え、後述のとおり、退職手当を廃止することに伴い、現行の退職手当の一任期(4年)分の額(12,576,000 円)を1ヵ月相当に割戻し、給料の額に復元することとする。
(引用者・後略)

(*2)

どうですか。退職金の名目だけ外し、毎月の給与に積み増ししています。ですから、盆暮れのボナース額は増えて、総額では退職金を上回る勘定です。なにが身を切る改革ですか。

かつて、無能なノックやキヨシを当選させた”懐が深い”大阪の有権者ですが、今回は笑ってないで、本気でこの二人を落として、本来の大阪の姿を取り戻しましょう。

対抗馬のコニシとヤナギモトには、自公のほか国民が推薦し、立憲や共産が自主支援する構図が生まれています。

閑人は国政与党としての自公をぜんぜん評価しませんが、今回の大阪ダブル選挙においては、「反維新」としては、やむをえず支持します。まずは維新勢力を一掃したあとで、この反維新結集グループの総括をすればよいでしょう。

なんといっても、大阪市内で育ち、大阪市内の文化と歴史とともに成長し、職を得た身ですから、どこよりも愛着があります。

その「大阪市」が地図上からも消滅し、財政能力がなくなった、わけのわからん特別区に分割されるのは、我慢がならない構想です。カジノや万博のようなハコものイヴェントではなく、まっとうな街づくりを一歩一歩築ずいてゆく好機です。みんなでコニシ、ヤナギモトを応援しましょう。



*0 最高裁もみとめていますが、以下でも概要がわかります。
   http://hiroponkun.hatenablog.com/entry/2016/06/14/221111
  橋下徹が「演技性人格障害」と指摘した記事に公共性ありとの判決

  https://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/71f4f5417a17b150adf0ed036df14da8
  橋下徹前大阪市長が新潮に最高裁でまた敗訴、確定。「自己顕示欲型精神病質者」 「演技性人格障害」記事をめぐって。


  *1 https://twitter.com/ourosaka
   {都構想うんざり}から引用

  *2 http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/4840/00190309/62-toushinnoyobiikengushin.pdf
特別職の報酬及び給与の額等について

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる