「それでもボクはやってない」を見る



boku



遅ればせながら、昨年、上映された日本映画のなかでベスト作品賞を総なめしている感がある「それでもボクはやってない」(諏訪正行監督)
は、面白い。日本の刑事裁判がかかえる問題を痴漢の疑いで逮捕された青年を主人公に描いている。

26才のフリーターは就職の面接に遅れまいと、満員の通勤通学電車に
駅員に押されるように乗り込む。背広の後ろがドアにはさまれたのを
気にして、もぞもぞと背広を引っ張ったりした。

前にいた女子高校生が悲鳴をあげて、下車した駅のホームでこの女高生
に腕をつかまれ、お尻を触ったとして痴漢にされ、駅乗務員室へ、、、これが発端だ。

逮捕されて留置されて、刑事たちは犯行を認めろとせきたてる。最初にやってきた当番弁護士は開口一番「痴漢を認めて、釈放された方がよい」と事実認定どころか、はじめから容疑者扱い。

青年が頑強に否認するほど、容疑が深まり、自白するまで釈放されない。代わった女性弁護士とその先輩弁護士の奮闘が始まり、無実を主張して裁判へ。

先輩弁護士は、こんなことをいう。この国では起訴されたら、99・99%の有罪判決。国家権力である検察の判断が事実上の有罪判決。裁判官は無罪判決をだすのは、検察に逆らうことになり、国家権力の覚えがめでたくない。当番弁護士がいきなり犯行を認めるように言ったのも、
その流れの一端である。

判事、検事、弁護人の三者の力関係は、検察が主導しているようだ。この国の容疑者は、検事による起訴とマスコミ報道による社会的制裁で断罪されている。目撃情報が得られず、証拠もないが、被害や被害者証言はある、という犯行では、いったん捕まれば起訴→有罪判決しかないのか。

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる