ニュー大阪府知事

さきほどの大阪府知事選で大勝した橋下さん。じつはほとんどTVをみないので、こうしたタレント弁護士がいるとは、名前も知らなかった。

どんな人物なのか。知事就任三日目という夜、TVに出ていたので半時間ほど見た。かなり物事を断定口調にいう半面、けっこう腰が低く素直な姿勢も見せる。他のゲストの年長者へは、それなりの敬意を評している。そつがないところをうかがわせる。

NHKの司会者に予算の把握具合を問われて、気色ばむ。「まだ三日目ですよ。わかりませんよ」という趣旨のことを言って、そのあと「NHKのインサイダー取引はどうなったのか、まだはっきりしていないじゃないですか」と切り返していた。

ナマ番組でTV局の司会者にイラついている場面は珍しい。思うに三日目なのに、どうなる府政?なんて番組に出なければいいのだ。三ヶ月目でいいのだ。そんなに簡単に成果があるわけない。期待もしていない。

この人の弁護士活動は知らないが、年収三億円とも伝えられるギャラが本当だとすれば、TVにはそうとう出ずっぱりだったのだろう。いわばTVタレント上がりであるから、番組の出演要請があれば、反射的にムリなスケジュールにでも出るにちがいない。TVと一蓮托生のつもりなのだろう。

電波メディアで知名度が高い人が、今の選挙制度の強いのは、要の東西を問わない現代の傾向。この人の大勝の裏には民意が反映していることになるのが建前だが、だから、民意が正しいとはもう誰も本気で言えなくなっているのも事実。以前、強制わいせつ知事を選んだ民意である。政治の指導者として優れているかどうかとは、ぜんぜん別の問題である事は周知のことである。

過去の発言にも買春はODAとか、核武装容認論とか、昨今では岩国の米軍基地問題で安全保障にかかわる国政に地元がモノを言う必要がない、、などと話しているのは、気がかりだ。信念や本意ではなくて、そのとき、その場の場面の盛り上げのためや受け狙いといったことでの発言なら、なお気がかりだ。TV話芸では困るのだ。

元そのまんま東さんと同様にTV出演を駆使して、世論をリードするつもりのようだが、この断定口調の元気よさ、愛嬌に振りまく人気者に似た人物が、つい二年前にいたことを思い出す。自滅したホリエモンである。このホリエモンとどこか似た人物のような印象を持った。似て非なることを期待するが、一年くらいは、お手並み拝見だね。

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる