後期高齢医療保険のこと

四月から75歳以上のお年寄りは、自前の保険に加入を強制される。
これまでの健保や国保で家族の扶養者になっていたものも、切り
放されてしまう。

こちらは、まだ間があるが、いずれ明日はわが身の話だ。
年金があれば年金から天引き、なければ懐から保険金を徴収され
る。均等割りと所得割りの二本立てである。

国の狙いは医療費の削減である。削減しやすいのは、もう治療
費を投入しても効果の薄い、しかも二つも三つも病気を抱える、
投資しても先がない、、、老人であると考えたようだ。

なんという無残は、過酷な話ではないか。こんな無慈悲は医療
保険制度を実施している国はどこにもない。老人は役に立たない、
効率が悪い存在だから、早く死ね、という気持がありありである。

あんまり評判が悪いので、政府は後期高齢者などいう無味乾燥な
無礼や表記を改めて、長寿保険と言い換えようとしている。

そんな問題ではないだろう。
この国は、いったいどこまで冷酷になるつもりか。



コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる