[パヒューム ある人殺しの物語]を観る

p



こわい映画である。18世紀の巴里は世界一、活気と悪臭の街だった。家にトイレがないころだったので、みんな窓からし尿を投げ捨てた。その悪臭を嫌って、巴里には稀な香水文化が栄えた。そうした背景を踏まえた連続殺人事件。

主人公は魚市場で生まれ、直後に作業婦の母に捨てられる。見咎めた人の通報で母は捕まり処刑
される。赤子は孤児院で育てられ、少年になるや、業つく院長によって皮なめし工場に売られる。数奇
な運命の子は、青年になるや独特の嗅覚があることがわかる。

遠くのもの、人が気がつかないものをかぎ分ける感覚が異常に優れている。あるとき、工場主
の商売について巴里の街へ。見たこともない光と繁栄、かぐわしい香りの充満、、、。そのなかで
柑橘類売りの若い娘が通りかかり、青年は取り憑かれたように尾行する。すぐ背後で娘の髪の毛
の香りをかいでいるとき、ふり返った娘の驚き。通りかかった人の気配から、娘の口を長く塞いだ
ため、気づくと娘は窒息死していた。娘の肌を存分にかいで、青年は娘がかもし出す、えもいわれぬ
香りに心奪われる。

一方で、街の香水調合師を驚嘆させるいい香りの香水を作る能力を認められて、工場主から
買い取られ、念願の香水師になる。青年は次々と流行の香水を生み出して、金満の紳士淑女が
押しかける繁盛ぶり。しかし、青年は満足しなかった。これまでにない、世界でも稀な素晴らしい
香水を作り出したい。こうして青年の関心は若い娘の髪の毛、肌のかぐわしさを求めて、、、。
奇怪な殺人事件が頻発してゆく。

出だしから絵画的な映像、ナレーション付きの静止画で次々とテンポよく物語を進めていく。まるで
紙芝居を見てるような導入から展開するのが面白い。ダスティン・ホフマンがちんけな香水調合師
になっている。配役の妙に笑った。怖いけれど、舞台劇のようにキレイな映画である。

                                          ビデオ版

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる