独立ということ

日本は独立国かどうか。
形式的には独立しているが、内実はアメリカの属国か植
民地、ないしは51番目の州である。そう指摘する人が少
なくないが、筆者もそう思っている。

そのことを改めて思ったのは、今朝の毎日の報道で、かつ
ての砂川事件無罪判決のあと、在日アメリカ大使が最高裁
長官とひそかに面談、今後の裁判手続きについて長官に示
唆し、かつ意向を打診したことがアメリカの公文書館の資料
で明らかになった。この日米安保条約改定前の無罪判決は、
結局、最高裁で逆転有罪となった。

このことは「独立後」も司法の独立がなく、アメリカの内政干
渉を受け入れていたことをしめしている。アメリカの言うことに
頭が上がらない日本という構図を理解しているつもりても、司
法までもやっぱり、という公式資料が出たとは、情けない話で
ある。

日本国政府は、敗戦に続く6年半の占領下で、いろいろな分野
でアメリカ政府のいいなりになった。それは仕方がない。いいな
りになった結果、現在の日本のあり方にかかわる肯定的な仕組
みも受け入れた。しかし、基本的には、「独立」と引きかえにアメ
リカのいいなりになることを決めた。

とくに国内政治や国際政治の領域でアメリカの言うことに決して
逆らわない方針が国是になった。戦後60年、日本政府はアメリ
カの方針に一度も反対したことがない。日本はアメリカの言うあ
らゆる問題について全面的もしくは条件付賛成する立場を取る
稀有な国になった。

そのことは日本の保守政治家にとって自ら国のことを自分で考
えるのではなくて、アメリカはどうする?、アメリカの顔色をうか
がう姿勢を習い性にした。外務省もアメリカ国務省の一部局み
たいになった。外務官僚の双六の上がりが、他の官庁のように
事務次官ではなくて、駐米大使のポストということが、それを示
している。

近年では、アフガンやイラクの戦争に一早く挙手して賛成したコ
イズミ某や、進んで兵隊も参加させようと計った、あの投げ出し
アベ某のようにアメリカ一辺倒の政治家が輩出するのである。
危険部位の肉牛が輸入されても、システム上の問題ないとアメ
リカ側をかばう官房長官、イラク派遣は違憲との高裁判決の趣旨
にあれは傍論といってすましている防衛大臣、、、さかのぼって
歴代の政治家は大なり小なり、彼らと同様であった。

国益や国民の利益よりもアメリカの国益を優先する政治家や官僚
がうようよいる国が独立国といえるかどうか、考えるまでもない。

今回明らかになったのは、司法はしばしば行政追随だと思っていたが、
それにましてアメリカにも頭が上がらないこと。うすうす感じていた疑念
がきれいに晴れて、さっぱりした。

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる