領土

日本の領土問題は三つある。
北方領土の四島、尖閣列島、竹島がそれである。本来、日本の領土なんだが、それが問題になるのは、それぞれに他国(他地域)が領有権を主張しているからだ。ふだんはあまり関心が向けられないが、なにかきっかけがあると、時にホットな争いになる。領土問題には頑迷なナショナリズムが絡むことが多いので、いっそうややこしくなりがちだ。どこの国でも政治家のなかには、ナショナリズムを煽る輩がいるので、領有権争いはこじれる。


北方領土は第二次世界大戦下に当時のソ連(ロシア)に占領され、返還されていない。尖閣列島は東シナ海にあり、中国、台湾も領有権を主張している。周辺海域に埋蔵エネルギーが豊富にあるとされることから注目されているが、陸上使用にはならない岩礁である。竹島は日本海の孤島で、周辺が魚貝の宝庫といわれ、島根県は県内の一部としているが、テニスコート二面くらいの岩島。

三問題のうち北方領土では日本人が居住していたが、他の二つは無人島である。小さな無人島であっても、主権が及ぶ領土であるとするのは、そこから領海権や経済水域の権益が発生するからである。実益以上にメンツやプライドもかかわる。住民レベルでいえば、隣家との間に敷地線をどう引くか
、境目の柿の木の実はどっちのものか、というような問題である。

この領土問題について、結論を先にいえば、政府は本腰をいれて問題解決を図る努力をしたことがない。ずっと相手の出方待ちである。例によって、先送りしている。北方領土問題にしても戦後60余年たっても、なんら解決の兆しがない。60年かけても未解決なものなら、もう解決する気がなくなっていると見るのが常識だろう。なんにもしないで、向うから折れてくるのを待つだけなら、外務省も政治家も
いらない。

竹島問題でも、政府は問題が生じたときだけ領有権を口にするが、事の是非を別にして、戦後ずっとこの島に積極的にかかわって建造物を建て、港やへリポートを建設し、軍事警察要員を派遣してきたのは韓国である。政府は相手のデモストレーションを見て見ぬふりしてきた。

今回の竹島問題はというと、二つ。文科省が小学校の教科指導の解説書で、竹島が領土であることに触れるよう指導したことに韓国政府と国民が強く反発したこと、在日大使を抗議召還したことである。相手は自分のものだと主張していることを知ったうえでの指導であるから、これが揉め事のタネに
なることを踏まえてであろう。お得意の教育的配慮も根回しもなかったのだろう。

二つ目はアメリカの地名委員会とやらが、竹島を日本領とも韓国領ともせず「主権未指定」としたことに韓国政府が猛然と抗議した結果、ブッシュ訪韓前という状況を勘案したのか、異例の早さで「韓国」と変更した。日本政府は例によって、ヒトゴトのような無関心な態度を取っている。領土だというなら、もっと実効的な支配を見せる必要がある。

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる