五輪余話

野球の星野監督は、出発前から、金しかない、金しか要らないと大言壮語していた。
叶わぬ結果になった。
意気込みがカラ回りした。だいたい他国のレベルを十分に把握しないまま、一番になるだけだと指揮官が強気一点張りの言動をぶち挙げたら、部下は緊張のあまり固くなる。萎縮してしまう。その通りになった。すべては星野監督の采配ミスであった。韓国、キューバ、アメリカ等とレベルにおいて格下であることを証明しに行ったようなもので、笑うに笑えない。

その無残な結果の前日、ソフトボール女子が念願の金を獲得した。報道によると、星野監督は「日本女性の強さを見せつけた」と話しているが、なんでソフトボールの試合結果が日本女性一般の強さにかかわるのかわからない。他国の女性一般も強くもあり、弱くもある。ここは女性ではなくて日本チームの強さとだけ言えばよいことだ。

野球が公開競技のころ優勝経験があるという75歳だか76歳だかの元監督が星野ジャパンには金を
持ち帰ってほしい、金しか目標はない。日本選手には他国にない大和魂があるからがんばってくれと言う趣旨の談話が載っていた。

馬鹿も休み休み、言ってほしい。だいたい、ありもしない大和魂というような空疎な言葉をひっぱり出すこと自体、アナクロだし、一方で他国の選手諸君にはメンタルな力が欠如しているかのような言い草である。日本にも他国の人にもおなじように知力、体力、精神力がある。

星野監督や元監督の言には、むやみにナショナリズムを高揚する狙いが込められていて、不愉快である。地球人の運動会と見立てて五輪を楽しみたいと書いていた天野祐吉の意見が正解だ。


コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる