思考停止

中山某。発足したばかりのアソウ政権の国土交通相だが、失言三連発した末、突っ込まれると、すべて撤回した。アホらしい。まだ、この手の思考停止人物がいたのか。

以下のようなことは本当は失言とうものではなくて、本心の発露である。余計に程度が悪い。暗然とするなあ。

一つは、成田空港の開港当時の農民闘争を「ゴネ得」と言った。
二つは、日教組の子どもが先生になる。だから学力が低い。
三つは、日本は島国で、内向きな単一民族の国である。

中山某は、東大→旧大蔵省出身の元エリート。拉致事件担当を専任する猫なで声の中山恭子の亭主である。今回の政権で亭主が大臣、妻が首相補佐官。

一見、知性豊かな経綸のある夫婦かと思われそうだが、妻の方は置いておいて、亭主の方の頭は、多分ここ何十年も時が止まっていたらしい。

成田闘争とその後の拡張問題の経緯については、先任大臣が国の責任で地元に深く陳謝しているし、日教組批判はいかにも論拠の薄い旧聞、アカ狩りのような紋切り型非難だし、単一民族論はとっくに崩壊している。かつて中曽根首相が口を滑らして、アメリカの黒人、ヒスパニック系から猛反発があった。単一民族だから日本の民度は優秀で、アメリカなんか黒人もヒスパニックが多くて、、、と馬鹿なことを言ったのだ。渡来人の歴史、多数の帰化外国人、おくればせながら、アイヌ民族の権利を法的にも認めている現実さえ無視している。

つまり、中山某は、この時代の歴史認識や思潮の変化の大きな流れをいっさい感得しないまま、65歳になってしまった。それが政治家でございと称しているだけに、罪深い存在だ。生きたまま化石化している。こんなんが、きっといっぱい居るんだろうな、あの世界には、と改めて感懐を抱かせたのが、唯一の手柄である。即刻、辞めるべきである。

上記を書いた翌朝、中山某は「妻と相談」して、辞任した。愚夫賢妻バージョンである。

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる