辞任

タイガースの岡田監督が辞意を表明したと新聞が伝えている。
スポーツ新聞は大見出しで、すでに早手回しに「辞任」とうたっている。

辞意の理由は、二位巨人を一時は13ゲーム半も引き離して独走したいたのに、巨人に逆転優勝されたことの責任を取るつもりらしい。つまらぬ理由である。本意とは思えぬ。阪神は今シーズン、よくやった。なにも責任を取ることはない。堂々の二位である。デッドヒートの末の二位である。立派なもんだ。

責任を取って辞任しなければならないのは、巨人の原辰徳の方ではないか。カネにあかして、投打に外人選手の大型補強をしたのに、最後まで首位を奪えなかったのは、原監督の非力のせいである。采配がなっていないからだろう。本来なら、こんな強力布陣を敷いたら、誰が監督でも、ぶっちぎりのよう優勝ができて当たり前である。目をつぶっていても、シーズン100勝の記録が作れるのではないかと戦前の予想にあったくらいである。

巨人というチームは、プロ野球の盟主を気取り、過去に数々のダーティな手法で戦力増強をしてきた鼻持ちならぬ球団である。ルール違反にならぬとはいえ、カネで引っ張った今年の補強選手なしには、優勝できなかったのは明白。勝ちさえすれば、なにをやってもいいという巨人が、プロ野球をどんどん貶めている。これではチーム力も人気もメジャーリーグに移っていくのは当然である。

日本のプロ野球を末長く繁栄させていくには、巨人のような手法が取れない根本的な規制の枠組みを創る必要がある。監督がぜんぜん腕を振るわなくていいゲームなんか面白くないではないか。岡田は留任し、ぶざまな勝ち方でしか優勝できなかった原は辞めたらいい。

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる