戦争

クリスマス明けを待っていたかのように、イスラエルがパレスチナを空爆した。

死傷者300人を超す惨事となった。まだ戦争の初期段階だとイスラエル首相は明言しているから、本気でハマス勢力を壊滅しようとしているかもしれない。

展望のない世界、建物の破壊、暮らしの破綻などパレスチナの人々は地獄の責苦に遭っている。いかに正義だの大義の名目だのとふりかざしても、殺戮の戦争には変わらない。

世界中はまたか、また始まったか。もううんざりしているのが本当の反応だ。領土と宗教と民族がからむ宿縁の確執に、國際社会はもうサジを投げている。

いまさら、このような問題をもたらしたイギリスやフランスの責任を問うても仕方がないが、国連は戦後処理として、あまりにもイスラエル寄りの判断をしてしまった。国連とアメリカ政府がイコールの関係にあったからだ。

いらいイスラエルは基本的の欧米に支持され、アラブ連盟を基盤とするパレスチナと対立、抗争していきた。過去にさまざまな妥協策、調整案が示されたが、そこでもいつもイスラエル寄りであることが明白なので、決して解決に繋がらない。日本政府はいつも日和っている。アメリカの尻を叩かれてイスラエルにいい顔をしてみせ、油欲しさにアラブに摺りよっている。

人類といい、國際社会といい、人間社会は結局、こうした軋轢をそれこそ平和裡に解決する能力がない。暴力の応酬の連鎖を断ち切る力がない。パレスチナ和平問題というのは、人間の無力さを示してきた歴史でもある。殺し合いだけは手を出さないという鉄則がない。状況しだいでは敵対勢力を徹底殺害もを辞さないことを留保している感があることに失望する。

 ---------

 年明け後もイスラエルの首相は、軍事行動拡大路線を取り続けている。子どもも含めて皆殺し作戦であるようだ。最悪の解決策は、敵対勢力の一掃、民族絶滅作戦だといわれているが、できればイスラエルはそれを実践したいのではないか。ホロコーストを体験した側が、ホロコーストを企ている。

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる